So-net無料ブログ作成

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』 [映画]

『カムイ外伝』 観賞約30分後に観ました。(土曜日2本観ました)
魅せてくれました。
サッスガ! ヒュー・ジャックマン!! やっぱり、カッコイイ~!!!
(お髭がない方がもっと素敵だと思いますが… [揺れるハート] )



ev1.jpgev3.jpg
ev4.jpgev2.jpg

  ------------------------------------------------------------

<パンフレットより>
扉0001.JPG扉0003.JPG
扉0007.JPG
扉0002.JPG扉0004.JPG
扉0005.JPG扉0006.JPG

  ------------------------------------------------------------

丁度、昨日、日曜洋画劇場で、『X-MEN2』 の放送をしていました。[わーい(嬉しい顔)]
『X-MEN』 の続きが、『X-MEN2』 ですから、
『ウルヴァリン X-MEN ZERO』 は、『X-MEN』より前の話です。
彼が幼い頃、それはそれはか弱い病弱な少年だった頃から話が始ります。
ミュータント(突然変異体)としての特徴が表に出る前、表に出る瞬間が描かれています。
突然に変異します。
この変異の経緯と必然性については… フィクションですから、追求しても仕方ない。ということ、です。[あせあせ(飛び散る汗)]
面白い。だから、もう、何でも許してしまいます。
死ねない体と身体的特徴を武器に150年以上生きているという設定。
だから、南北戦争だってノルマンディー上陸作戦だって… 活躍する、そういう場で生き続けます。
生きるために人を殺す職業。傭兵でしょうか。
今回の映画では、ローガンには行動を共にして来た兄(ビクター)がいます。
ビクターは、戦闘を経ることで、次第に人を殺し嬲ることで快楽さえ得るような獣になって行きます。
そして、ローガンは、気持ちだけでなく、場所的にも距離をおくようになるのですが…

”ウルヴァリン” という名前の由来も明らかになります。
それが、とても哀しい由来なのです。[もうやだ~(悲しい顔)]
自分の気持ちさえ思うとおりにならないのですから、
他人の気持ちを思うとおりにすることは、とても難しいことですよね。
けれど、人の気持ちを操ることが出来るという特殊能力を持っていたとしたら…
復讐をどのように遂げるでしょうか。
復讐などということを遂げようと思うでしょうか。
特殊能力を持つゆえに、その能力の制御が必要です。
そして、制御するということは、復讐としては使わない戒めが必要なのかも知れません。

とても痛いシーンが満載です。
痛いシーンは、目を細めて観るか顔を覆って観ましょう。
そして、最後のシーンを観て、素晴らしい脚本だと思いました。
なかなかのモノです。素晴らしいです。

過去を忘れているがゆえに苦しむのか、過去を忘れないために苦しむのか…
どちらでもあると思います。
人は、無い状況を嘆く生き物であるからで、それゆえに成長もあるのだと思います。
ローガンの成長が素晴らしく、これからも楽しみな映画です。
と、ここまで書いて、『X-MEN:ファイナルディシジョン』 観てないことに気付いた私。
最終章が終わってるとしたら… もう、物語の続きはないのかも。
観ないといけませんねぇ… レンタルででも。というか、ぜひとも観たい!

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』 の完成度の高さゆえに、そう思ってしまいました。
良い作品です。
アクションが嫌いでない方は、ぜひ、映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。。


ミュータントと差別の問題。(差別一般についても同じなのかも)
受けた差別に対する復讐心(荒ぶる心)は、道を外さないことでしか癒されないのだと思いました。
だから、能力ゆえに、自らが道を外すような選択をしてはなりませんし、
能力に比例して能力のコントロールが必要となるのだと思いました。
自分の私利私欲だけで行動することを戒めねばならないのだと思いました。
道理を無視するようなシウチを受けたときでも… です。とても厳しいことだと思います。
(私には、特殊能力や権限がなくて良かったです♪)

 
直前に観た映画、『カムイ外伝』 との違いが際立っていた気がします。
娯楽(娯楽です!)とは、観る者の立場あっての作品です。
観る側が唸るくらいの映画。やっぱり、それは良い映画の証であると思います。
映像もアクションもストーリーのテンポも素晴らしいと思いました。






nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 3

釣られクマ

予告ってなんであんなに面白そうなの、といつも思う
すごいセンスですよね
by 釣られクマ (2009-09-22 09:35) 

元気

釣られクマさん、ナイスとコメントをありがとうございます。

予告を作るのは、助監督(?)と聞いたことがあります。
そのセンス、手腕が予告編の出来で評価されなければ監督にはなれないとか。
予告は、監督への登竜門だったのですね。
力が入るわけです。

by 元気 (2009-09-22 10:26) 

第一義

X-MENシリ-ズは2作とも面白いですがまさかそれ以前の作品が新作として出るとは…。

最近はプ-タロ-なので昼間のよろめきドラマ…いえ、映画をよくやっていますのでよく見ています。

最近見たのはハリポタですが、残念ながら、散漫な印象と原作を映画に無理やり詰め込んだような感じが残念です。もっともハリポタや他の映画にもあることなんですが何回か見てみると印象も異なってきますので、最初の印象と言うところでしょう。

X-MEN ZERO 面白そうです。
by 第一義 (2009-09-22 16:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。