So-net無料ブログ作成

マニフェストの目的。 [エッセー]

[猫] 一応は、「マニフェストって何? 」、「マニフェストってどうよ!? 」 の続きの記事です。
  (間に他の記事が入っていますが、無関係でもありません)

まずは、橋下知事が民主党支持を掲げたこと、残念に思います。
民主党のマニフェストというエサに釣られたということでもあります。
民主党は、首長連合を釣るためのエサをより美味しそうなモノに変えたのですよね。

「民主マニフェスト5か所修正…要望や反発受け」
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/elex/20090811-567-OYT1T00962.html?fr=rk

集票のため、各党は、エサを綺麗に並べました。
どんなに見映えよくても、食べられなければ食べたりしませんよね。フツウは。
ところが、食べる側が飢餓状態ならどうでしょう。
または、食いしん坊ならどうでしょう。
食べてしまうかも知れません。[ふらふら]

食べられなければ吐き出せばいい。食べれないものを並べたと訴えればいい。
それが、一度民主に投票して、ダメなら政権交代という考え方かも知れません。

けれど、エサに毒が仕掛けられていたとすればどうでしょう。
解毒には、相当の困難が予想されます。
時間とお金と労力がかかり、後遺症が残ります。
すぐに毒が入っていると気がつけば吐き出す(傷が浅い)ことも出来ますが、
ジワジワと効いてくる毒の場合はどうでしょうか。
猛毒であった場合はどうでしょう。

マニフェストの目的。
それは、良い国つくりをすることのはずです。将来に渡る理念や手法が必要なはずです。
良い国つくりをするために掲げる理想。その理想の実現のためにする努力。
それが財源の確保であり、道筋であり、実行力のはずです。

○整合性に欠けたマニフェストは、夢でしかありません。
○相反することを書いたマニフェストには実行力はありません。
○実現不可能なことを書いたマニフェストは、責任感が欠けています。

どんなに嬉しいことが書いてあっても… それは、国の行く末を危うくします。
それは、これから生まれて来る子の未来までも危うくするかも知れないのです。

マニフェストには、色々な分野の政策がキラビヤカに並べられています。
そのマニフェストが実現可能かどうか、それを判断する能力は有権者に委ねられます。
実現不可能に思えても、実現して欲しい政策であれば、期待を持って投票するかも知れません。
実現可能であっても、今と変わり映えがしないなら、投票は控えるかも知れません。
先のことを謳っていても、今の生活にすぐに反映しないような政策は魅力が薄いかも知れません。

マニフェストを見るとき、どのような嬉しいことが書いてあるかは重要です。
しかし、その実現の信憑性についての判断のヒントは、過去にあります。
どのようなことを主張し、どのようなことを行って来た政党か。
どのような主張をし、どのような政治をして来た政治家がいる政党か。
キチンと調べて投票せねばなりません。

マスコミは、自民党政権、麻生首相がやって来た実績の報道を控えています。
それは、有権者が正当な判断をするための判断材料を損なうことになります。
マスコミは、お客様あっての商売です。
お客様とは誰でしょうか。有権者でしょうか。有権者とは、日本人です。
ところが、お客様は日本人とは限らないのです。

民主党は、外国人地方参政権の付与を実現しようとしています。
マスコミのお客様である外国人が参政権を要求しているからです。

「8.30 衆議院選挙にむけて (その1)」
http://muumintani-irasyai.blog.so-net.ne.jp/2009-07-18-3

「8.30 衆議院選挙にむけて (その2)」
http://muumintani-irasyai.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

「8.30 衆議院選挙にむけて (その3)」
http://muumintani-irasyai.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19-1

「8.30 衆議院選挙にむけて (その4)」
http://muumintani-irasyai.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19-2

「8.30 衆議院選挙にむけて (おわりにしないために)」
http://muumintani-irasyai.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19-3


日本は日本人だけのものではない。
友愛。

理念は素晴らしいと思います。
日本が日本人だけでなく、外国人にも住みやすい社会。
外国籍を有したままで。外国人が手厚い補償が受けられる国。
けれども、それを一生懸命、日本人が働いて補償する社会です。

地方参政権を外国人が有する社会。知事さんも橋下氏の次は、外国人になるかも知れませんね。
地方の権限が大きくなれば、中央政府も動かせます。
外国に都合の悪い政策は行わないことになるでしょうね。
外国の傀儡政権、外国の思うままに動く人が首相になるかも知れません。

無駄の排除。防衛費は減らして生活支援に回し、
外国に守ってもらう国として、外国に色々なものを支援することになるでしょう。
自国のことを守ることが出来ない国ならば、外国に意見を言えない国になるでしょう。

少子化対策。外国から移民を受け入れましょう。1000万人ですか、1億人ですか?
日本に住みながらの国際結婚。増えるでしょうね。
夫婦も別性です。異文化コミニュケーションが破綻しても姓はそのまま。
お父様だけ、お母様だけの世帯も増えるかも知れません。
将来、何人に一人が純粋の日本人でしょうか。

マニフェストの目的。
政権を得るための集票が目的のようです。
マニフェストの基には載っているのに、民主党HPには掲げているのに、
マニフェストにないプランが沢山あります。
なぜ、マニフェストに載せなかったのか。
それは、集票の妨げになるからです。

集票のための宣伝マニフェストです。魅力的なプランが山積みです。
不満あれば、意見があれば修正してくれるそうですね。
(橋下氏も修正により満足されたそうです)

さて、あなたはどのプランを支持しますか?
そのプランを実現するために民主党に入れますか?

こども手当が沢山欲しいなら、こども手当選挙ですか?
高速道路無料が嬉しいなら、高速道路無料選挙ですか?
農業をされて(農地を保有されて)いる方なら、農業者戸別所得補償選挙でしょうか?

------------------------------------------------------------

突然ですが、例え話を致しましょう。
子どもが旅行に行きたいというとします。
家計を考えれば国内。それも近所の遊園地くらいしか行けないという状態だとしたら。
家計が苦しいからと、説明しても子どもはダダをこねるかも知れません。
近所の誰々は海外に行くのにと嘆くかも知れません。
ならばと同じように外国に行けば、それで散財してしまえば… 家計は破綻するしかありません。
子どもに家計の状況を話して聞かせても、分からないかも知れません。
家計に関心がないかもしれないし、自分の欲望を抑えることが苦手な子かもしれません。

そういうとき、近所の誰々が一緒に海外に連れて行ってあげようと言うかも知れません。
助かったとばかりに、親は子を預けるかも知れません。
そして、海外旅行から帰って来た我が子は、今の貧しい暮らしを拒否するかも知れません。
家庭内暴力に走り、親から金をむしり取っては、贅沢品を買い漁るかも知れません。
家庭崩壊です。
犯罪に手を染めるかも知れません。
近所の誰々さんの責任ではありません。

けれど、近所の誰々さんが高利貸しで、お金のなくなったその家族にお金を貸して、
借金のカタに家も取り上げてしまうことになったとしたら…
慎ましい暮らしを営んでいた家族は、誰々さんの好意に見せかけた悪意の犠牲になったのだとしたら…
実は、家族の住んでいた家(土地)がとても価値あるものだったとしたら…
善意の顔をした誰々さんは、用意周到土地を手に入れることになります。
もしかしたら、誰々さんは、そうやって今のお金持ちの地位を築いて来たかも知れません。
家族は自分の暮らしに熱心で誰々さんの悪事を知らなかったのかも知れません。
誰々さんのアクドイ手法を知る(情報)を得ることをしなかったら… ワナにはまることになります。
誰々さんは、目的を持って、子どもを旅行に連れて行ったのかもしれませんよ。

------------------------------------------------------------

麻生首相は、一生懸命に日本のために頑張って来ました。
麻生内閣 功績 で検索してみて下さい
その情報は、マスコミによって報道されることは自粛されています。
民主党の掲げる理念や政策の本来の目的は秘されていますが、
民主党の支持母体 で検索してみて下さい
民主党のホームページや民主党の言動から明らかなことも多いのです。
これを読んでいる方が、民主党支持者ならば、一度、関心を持って調べて下さい。

マニフェストの目的。それを自己の欲望の満足のための方策とみるか、
国の行く末を考えるための方策とみるのか、

日本の将来は、そこにかかっていると思います。

日本の転機になる。日本を変える選挙。チェンジ!
それが、日本人にとってよい転機なのかどうか、よく見極める必要があると思います。

あと、半月となりました。
関心を持って、よく調べ、考える期間となれば、日本にとって幸いです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。