So-net無料ブログ作成

教育勅語 [草莽崛起]

「教育勅語」 をご存知だろうか。

私は、つい最近まで、その内容を知らなかった。
軍国主義で、人権が無いに近いオソロシゲな時代。言論の自由が無かった時代。
だから、日本国民に押し付ける言葉の羅列だと思ってた。
その内容は、きっと、
「天皇は…」、「国民は…」 「~しなければならない」 
のオンパレードだろうと。勝手にそう思ってた。
言葉の意味は…

○教育:教え育てること。人を教えて知能をつけること。
○勅語:天皇の言葉。みことのり。
    国務大臣の副署を要さず、親しく臣民に対して発表した意思表示。
○『教育勅語』:明治天皇の名で国民道徳の根源、国民教育の基本理念を明示した勅語。
        1890年(明治23年)10月30日発布。国の祝祭日に朗読が義務づけられた。
        1948年、国会で排除、失効確認を決議。

「戦後の国会で排除と失効を決議」 してたから内容を知らなかったのかも。

勅語.jpg
http://www.meijijingu.or.jp/about/3-4.html

原文、難しそうです。
口語文訳だと、
 私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。
国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。 
  国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。
そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。
  このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。
-------------------------------------------------

[ふらふら]う゛う… やっぱり、難しい。ならばと、勝手に要約してみる。

日本の国は、道義国家の実現を目指して始めたものだと信じています。
今の見事な日本は、国民が心を合せて忠と孝を大切にして努力した結果です。
教育の基本も道義を大切にする国をつくることだと信じています。
国民は、子は親を大切にし、兄弟・姉妹は力を合せて助け合い、
夫婦は共に仲睦まじく、友人には心を開き信じあい、自分の言動は慎み、
全ての人に愛の手を差し伸べ、学問を怠けず、仕事に励み、知識を養い、
人格を磨き、さらに進んで社会公共のために貢献し、公立や秩序を守ることはもちろん
非常事態が発生した場合、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません
これらのことは、伝統的な良いならわしですので、
善良な国民として、さらに高めていくように致しましょう。
これらのことは、教訓として、守らなければなりませんし、
この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道です。
日本ばかりでなく、外国でも通用する正しいことです。
私(明治天皇)もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、
立派な日本人となるように、心から念じ願っております。

ということですよね。
何もヘンなことないですよね。押し付けでも何でもない。
先祖から受け継ぐ日本人の気質、美徳を意識して、高めていこうという宣言文ですよね。
良い言葉ではないですか。
先祖を誇りに思い、近隣仲間、国を大切に思う気持ち。暖かい言葉です。
もしかしたら、下線を付けた非常事態~ の言葉がダメで廃止されたのかなぁ。
徴兵とか戦争を意図していると解釈して?
戦後、骨抜きになるはずですね。
子どもの虐待や夫婦の離婚、親に対する暴力、公意識の低下…
この教育勅語という基本の姿勢(美徳)が薄れたからかも。
この教育勅語には、人を出し抜いても儲けましょうなんて書かれてません。
書かれていないことを頑張って、
書かれていることを蔑ろにして戦後の日本はどこに向かっているのだろう。

「教育勅語」 の復活なんて、核保有よりも、憲法改正よりも難しそうですが、
書かれていることの趣旨、美徳は受け継いでいきたいと思いました。






昨日届いた斎藤吉久氏のメルマガで気付いたことがあります。

過去記事にコメント欄で書こうとしたのですが、字数制限があるのか(少なすぎ)…
コメントできなかったので、改めて記事をアップします。

nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 6

わいきき

こんばんは。
昨年末から、我が家も自宅に印刷して貼り出しました。

12の徳目
1. 親に孝養をつくしましょう(孝行)
2. 兄弟・姉妹は仲良くしましょう(友愛)
3. 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう(夫婦の和)
4. 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう(朋友の信)
5. 自分の言動をつつしみましょう(謙遜)
6. 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう(博愛)
7. 勉学に励み職業を身につけましょう(修業習学)
8. 知識を養い才能を伸ばしましょう(知能啓発)
9. 人格の向上につとめましょう(徳器成就)
10.広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう(公益世務)
11.法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう(遵法)
12.正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう(義勇)

by わいきき (2009-04-16 00:40) 

aneurysm

豊かな時代は享楽に走る人が多いですが、
シビアな今の時代、互助の精神が
骨身に染みる方、多いのではないでしょうか?

by aneurysm (2009-04-16 19:29) 

まご

日本人の美徳・長所が書かれているからこそ、廃止されたのだと思います…。
このまんま、今の子育てに使える内容です。
by まご (2009-04-16 21:28) 

元気

おはようございます。

教育勅語。日本人の魂ともいえる精神を表わしています。
連合軍は、無条件の武装解除だけでなく、その魂を抜く必要を痛感したのでしょうね。

まさに、「大和魂」 ですね。
四民平等になった明治時代ゆえ、その心(魂)を庶民にまでゆきわたらせようとされたのでしょう。
近代になり、外国に行き来する機会が増えるゆえに、お金や学歴によって支配されない(毒されない)世の中を願ったのだと思います。
「私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に… 」
本当に素晴らしいと思います。

「儒教では利益の追求は欲望を生み出して人間を堕落の方向に向かわせると考えられ、商工業に携わること自体が本来の人間があるべき姿に反する行為として否定的に捉えられていたが、実際には貨幣経済や産業の発達により商人が経済の主導権を握るようになり、武士が商人に依存するようになった」 (ウィキ、「士農工商」 より)
経済の発展と精神性の向上は共に望むべきことですね。

「仏作って魂入れず」 ではいけません。
さらに、日本を叩き売りされたのでは堪りません。
「無知は罪」 です。太宰の『人間失格』だったか…
太宰は、戦後、人が変ったように戦争中のことを批判しだした世間を憤ったそうです。
弱さゆえに卑怯になるのなら、強くならねばならないと思います。
強くなるためには、魂を入れなければなりません。
無知であることから脱しなければなりません。
日本がどんな素晴らしい国だったのか。知らねばなりません。
魂を入れなければならないと思いました。


by 元気 (2009-04-18 08:12) 

元気

わいききさま。

以前、わいききさんが
「先祖が泣いている」、「先祖に申し訳ない」 的な言葉を書かれた際に、

「(どんな未来でも)先祖は慈しみ受け入れてくれるのでは?」

と、書いたことがありました。
それではいけないのだと思い至りました。
今の自分は、過去と未来の架け橋だという覚悟が必要ということですね。
過去を否定しないこと(恥をかかさないこと)、(誇りを持てる)未来に繋げること。
そのために、「恥(申し訳ないという気持ち)」 が必要なのだと思いました。
「公」 の心ですね。

去年末から印刷して貼り出しですか。(笑)
素晴らしい ”お父さん” ですね。
by 元気 (2009-04-18 08:23) 

元気

昨日届いた斎藤吉久氏のメルマガで気付いたことがあります。

コメント欄にて書いたのですが、字数オーバーになるようです。
なので、新しくブログ記事をアップします。
by 元気 (2018-07-31 05:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。