So-net無料ブログ作成
検索選択
正しい歴史認識 ブログトップ

黒田裕樹「明治憲法とは」 5/15 [正しい歴史認識]

5/15 「明治憲法とは」 ~'10.01.23 黒田裕樹の歴史講座
http://www.youtube.com/watch?v=wy19YkXFWUg&list=PLF5A3AF647E00E535

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

明治政府は、その成立の段階から将来の憲法制定のための布石を打っていた。

ホンマかいなぁ!?

思ったことでしょう。
ホンマかいなぁがホンマであることを今から説明したいと思います。

大政奉還の翌年となる明治元年。1868年ですね。
明治天皇、時の天皇陛下ですね。
明治天皇によって、「五箇条の御誓文」 が発布されました。
「五箇条の御誓文」 の中に、このような条文があることをご存じでしょうか?
第一条です。

広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ

第一条というのは、五箇条の御誓文の中で一番大事だよということです。
特にこれを持ってきた。
それが何かというと、第一条の正確な意味をご存じですか?

政治を為すには広く会議を行い公(おおやけ)の議論によって決めるべきである。

そういう意味なんですよ。
作られたばかりの新政府は強権的な政治を行うのではなくて、議会政治によって何事も決めていくんだよと、決意なんですよね。
しかもこれは御誓文。明治天皇が神様の前でお読みになられて、誓う。
という形式だった。ご自身が神に誓って守りますと強く宣言した。
つまり、明治政府は当初から議会政治を前提にした政策を目指していた。
という大きな証拠です。これは。

天皇自身が決めていること。新政府は逆らえない。
天皇を中心とした政治を目指そうとした新政府が天皇の誓いを簡単に破ることはありえません。
また、同年に政体書という文が出されて、五箇条の御誓文を国家の基本方針として改めて規定しています。
それだけではありません。
この政体書によって、近代憲法の基本精神でもある三権分立、
三権分立は政体書で既に書かれているんですよ。

1868年、明治元年の段階で既に三権分立が大事だということを明治政府は把握している。
そんな新政府が周囲に押し付けられたからと、憲法制定を決めたと思いますか?

以上が明治新政府の内からの判断です。
内からの判断だけではありません。外からの影響もありました。
何かというと、諸外国に後れをとっていた我が国は、何をしたかご存じですか?
岩倉具視を団長とする使節団が欧米諸国を回ったという話ご存じですか?
岩倉具視が使節団を送ったとあっさり聞いてませんか?
あっさりと片付けてませんか?

従来、いくら国力の差があるからといって、
国家が自ら負けを認めて、潔く諸外国に学ぼうという国がありますか?

我が国くらいですよ。こんなことを考えるのは。
逆にいえば、それくらい我が国は追い詰められていたということもあるんですよね。
いずれにしろ、この使節団を作って諸外国を回ったことによって、
明治政府は諸外国との力の差が非常に大きなものであることを痛感するとともに、
不平等条約を解消しようと思えば、我が国が近代国家として諸外国と肩を並べないといけない。
諸外国と肩を並べようと思ったら何が必要なのか。
諸外国と同じように、国の基本的法律である憲法を作らないとダメなんだと。
使節団を送ったことで思い知らされたわけです。

けれど、憲法の制定が必要だからと、すぐに取りかかれないのが新政府の悩みだった。
それは、不平士族の反乱。不平士族の反乱は、まさに使節団が戻って来た頃に激化している。
いくら理想が高くても内乱を抱えている政府が憲法制定や議会開設に本格的に力を入れられるはずがないんですよ。それで、その頃の政府は不平士族の反乱の対策など、講ずべき問題が山のように積まれていて、憲法制定や議会開設に着手するどころではなかった。
この頃の明治政府の正直な思いなんです。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

黒田裕樹「明治憲法とは」 4/15 [正しい歴史認識]

4/15 「明治憲法とは」 ~'10.01.23 黒田裕樹の歴史講座
http://www.youtube.com/watch?v=Z6SQpr8t7jc&list=PLF5A3AF647E00E535

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~

明治維新が始まった頃というのは、19世紀後半ですね。

19世紀後半というのは、アジアというのは非常に危機的な状況だったんです。
当時の西洋、もしくはアメリカの欧米諸国は一つの主義に走っていました。

帝国主義

政治や経済、軍事などの面で、他国の犠牲で自国の利益や国土を拡大する思想政策のことです。
自分の所を優先するのが第一で、そのためには他の国がどうなろうと知ったことじゃない。
こんな恐ろしい帝国主義がまかり通っていた世の中というのが19世紀です。
欧米諸国が勝手に決めた帝国主義の名の下に19世紀後半のアジアは無茶苦茶になってた。
あっちこっちの領土が植民地化されていた。

あまりに酷い状況のせいで、19世紀後半のアジアは、草刈り場と呼ばれていた。
草刈り場というのは、草を刈るためにおいてある領地のことです。
そこに土足で踏み込んで茂っている草を刈り取って後は知らんぷり。
まさに、19世紀後半のアジアは草刈り場だったわけです。
東南アジアの領土は次々と欧米諸国が植民地化していきます。
そして、中華の大国であったはずの清(しん)。
清国も阿片戦争等の敗北で主要な都市を諸外国の支配下におかれる。
ということを認めざるを得ない。という非常に厳しい状態だったわけです。

そんな中、我が国は無理やり開国させられた挙句に、不平等な条約を結ばされた。
そして幕府が倒されて出来た明治新政府。
大変な時期に我が国の命運を任された明治新政府の責任はどんなものだったのか。
周囲は外敵だらけです。いつ我が国が植民地化されてもおかしくない。
そんな外敵だらけの中で独立を保とうと明治政府はどれほど心細かったか。
責任感と心細さ。当時の明治政府。現在の私達には想像もつかないものだったと思う。

このままでは、我が国も他国の植民地となってしまう。
それだけは、何が何でも防がないといけない。
危機感を持った明治政府。欧米列強と肩を並べるまで国力を上げないといけないと思った。
そのためには、一刻も早く欧米諸国と同じ近代国家に我が国を蘇らさないといけない。
生まれ返らさないといけないと思った。
それがあまりにも時間がない。けれど、国力の差がありすぎる。
一気に縮めようとしたら、多少強引なこともやらざるをえない。
中には鹿鳴館とか色々な事件もありました。
周囲の締め付け。政府のよる厳しい取り締まりもありました。
でも、これは、全部、植民地化を防いで我が国が独立を守らないといけないという、
大きな理由のため、大義のためには、ある程度は仕方が無かったんです。
目前に我が国壊滅の危機が迫っているんですよ。綺麗ごと言ってられない。
まずは、我が国の面目を保たなければならなかった。そういうのが根底にあった。

重要な命題を押し付けられた明治新政府ですが、国内でも色々な問題を抱えていました。
武士の存在です。

全国の武士が起ちあがって幕府を倒して明治新政府は作られました。
けれど、明治新政府がやった政策は武士にとって自殺行為のような政策がいっぱいありました。

版籍奉還
廃藩置県
四民平等

それまで持っていた領地を取り上げられることで、俸禄を失った。
武士のプライドも四民平等の原則で潰された。
内面も外面も生活も何もかも全部、士族は不利な条件を明治政府によって押し付けられた。
それまで当たり前に持っていたものを失うと怒る。
自分達(士族)のおかげで新政府が出来たのにと、全国の不平士族は立ち上がる。

明治一桁の後半は、全国各地で不平士族の反乱が相次ぎました。
最たるものが、明治10年に起きた、西郷隆盛を中心とする西南戦争だったわけです。

西南戦争の終結後、士族の反乱は治まりました。
西南戦争のような大きな戦争(反乱)を起こしても明治政府には勝てない。
ならば、これからは武力ではない。
武力に代わって、士族が自由にモノが言えるようにしていこうとなった。
それが議会の開設。

そこで、西南戦争以後、本格化したのが、自由民権運動が全国で広がった。
自由民権運動が活発化したことによって、その圧力によって、
憲法制定、議会の開設に取りかかった。
と、教えられていますが… 本当のことでしょうか?

自由民権運動の圧力に負けて、政府は議会を開設し憲法をした。

みなんさん、そう思いますか?

これ、実は、真っ赤な嘘です。

実は、明治政府は、自由民権運動始まる遥か前、
明治政府の成立の段階から、実は将来の憲法制定に向けての布石を打っていた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

黒田裕樹「明治憲法とは」 3/15 [正しい歴史認識]

3/15 「明治憲法とは」 ~'10.01.23 黒田裕樹の歴史講座
http://www.youtube.com/watch?v=O_zRm4nq8GQ&list=PLF5A3AF647E00E535

   ~~~~~~~~~~~~~~~

それでは、明治憲法の歴史的経緯から語っていきたいと思います。
まず、明治憲法を理解しようと思ったら、我が国の歴史の中で、幕末まで遡らないといけません。
幕末以降、我が国は諸外国の勢力によって無理やり開国させられたという歴史的事実があります。

黒船等により、諸外国の圧力によって半ば無理やり開国させられた我が国。
当時、我が国は国力が諸外国と比べて大きく離れていました。国力が無かった。
しかも、我が国は開国に向けての何の準備もしていなかった。
つまり、国際的な条約とおいうのはどういうものなのか、その内容がどういうものなのか、
全然分かってなかった。

そんな国が他国と条約を結ぼうと思ったらどうなりますか?
言いなりにしかならないでしょ。
結局、諸外国の言いなりに結んだ条約はもの凄く不平等だった。

不平等な条約を伴った開国ですが、何度も歴史講座で申し上げているのですが、
黒船来航以前から、開国のチャンスは何度もあったんですよ。思い出して下さい。

12月の講座で、田沼意次は何をしましたか?
ロシアが南下をして、我が国の領土を狙っていると警告を受けたときに、
ロシアの領土的野心を和らげるために、ロシアと民間貿易をしようじゃないかと言い出したのは誰か。
田沼意次でしょ。
その案が通っていれば、我が国は半世紀前に開国を成し遂げていたわけです。
そしたら、しっかりとした準備の下に、不平等な条約をうちつけられるようなことも無かっただろうし、
50年間、無駄飯食っている間に、他国と差が開くこともなかったわけですよ。
それを全部潰したのが松平定信だと言いましたね。

鎖国という状態が我が国の祖法、先祖の代から守るしきたりであると、
あたかもそうであるかのように、誤解をしたと。
以前も言いましたね。鎖国は勝手に決めたわけではありません。
なし崩しにそのまんまの状態になってしまったと。
それなのに、鎖国は祖法であると勝手な誤解を信じ込んだ江戸幕府の失政です。
結局、江戸幕府は鎖国は祖法であると信じ込んで何の手も打たなかった。
打とうとした田沼意次は徹底的に潰して、何の手も打たなかった松平定信を選んだ。
その結果が無理やり開国。不平等条約です。

開国から明治維新までの十数年間。
我国は未曽有の今まで経験したことのない混乱の時期を経て、幕府は倒れて、
明治維新により新政府が樹立されることになった。

今回は、幕末の話をしているのではありませんので省略しますけれども、
その大きな歴史の流れでは、鎖国を祖法であると信じこんで、
それがゆえに開国が遅れて我が国に不平等条約が押し付けられる結果となったという、
失政続きの幕府には、これ以上政権は任せられないという、
そういう国民、当時の武士や公家の総意があったと考えて差し支えないでしょう。

そういう歴史的な大きな流れで幕府が倒されて明治の新政府が出来たという背景がある。
もちろん、それだけが理由ではないけれど、大きな流れではそういうことになります。

幕府に変わって政権を手に入れた新政府。
幕府から政権を奪って万々歳とはいえない状態だった。
何故かというと、新政府には、なさねばならない課題が山のように積まれていたからです。
中でも明治新政府がつきつけられた大きな課題は、
いかにして我が国が一つの状態にならないようにするか。
ならないようにするためには、独立を守るということ。
独立が守られなければ、我が国は他国の植民地にされてしまう。
危機感です。

危機感があったればこそ、明治新政府はなさねばならない課題が山積していた。
というのが当時の実情なんです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

黒田裕樹「明治憲法とは」 2/15 [正しい歴史認識]

2/15 「明治憲法とは」 ~'10.01.23 黒田裕樹の歴史講座
http://www.youtube.com/watch?v=yhW9N3sbHAI&list=PLF5A3AF647E00E535

 ~~~~~~~~~~~~~~~~

明治憲法という解釈なのですが、一般的には、このような形で言われています。

日本は近代国家の形式を整える必要性から明治憲法を1889年、明治22年に制定しました。
明治憲法は天皇が臣民に対して授けるという形の欽定憲法という形で発布されました。

欽定憲法→天皇から臣民に対して授ける(押し付けられる)
        臣民にとっては、受け入れざるをえない憲法

天皇が最高の権力者で、帝国議会(今の国会)、内閣、裁判所も天皇を助ける機関に過ぎない。
天皇は軍隊を統率したり指揮する。
あるいは条約の締結権を持つ等、非常に大きな権力を持ってました。

天皇の大きな権力のことは、一般的に、「天皇大権」 といわれています。
「天皇大権」 という名の元に、国の権力は天皇が一手に握っています。
臣民たる国民は権利を与えられていましたが、
厳しく制限された非常に歪曲された権限でしかありませんでした。

これが、だいたい、歴史教育における明治憲法の姿といって差し支えないと思います。
憲法の内容の条文についても、大筋で今申し上げた内容のようなものだと思います。

今までの歴史教育の内容における明治憲法のポイントなんですけれど、
一つには、「天皇大権」ですね。
天皇は天皇大権という名の下に最高の権力者を持っていた。
第二に、議会、内閣、裁判所という、いわゆる三権は明治憲法下では確かに存在はしていた。
存在はしていたけれど、国家的な位置づけとしては、あくまでも天皇が中心であって、
天皇の名の下に三権がある。つまり、天皇を助ける機関でしかなかった。
第三に、国民のあらゆる権利が制限付きであって、不十分なものでしかなかった。

つまり、天皇主権。三権は天皇を助ける機関でしかない。
臣民の権利は制限された不十分なものでしかない。
これが、今までの明治憲法のイメージです。

しかし、これって本当なんでしょうか?
明治憲法というのは、本当に、こんな内容でしかないのでしょうか。
事実に照らして正しい内容であれば納得がいきます。しかし、本当のことなのか。

国民にとっては満足のいく内容ではない不十分なもので、 国民は憲法を嫌っていたんでしょうか?

この謎を解き明かすためにも、まずは、明治憲法が定められた歴史的経緯。
まず、公民と歴史の中の、歴史的経緯の中から探ってみたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

黒田裕樹「明治憲法とは」 1/15 [正しい歴史認識]

【1/15 「明治憲法とは」 ~'10.01.23 黒田裕樹の歴史講座
http://www.youtube.com/watch?v=PO-eOmSHyh8&list=PLF5A3AF647E00E535

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

歴史は趣味でやっているのですが、本当は公民の先生でありまして、公民の免許ももちろん持っています。
黒田裕樹先生は歴史の先生である。これも当っているのですが、実は公民の先生でもある。
むしろ、そっちが本業である。

明治憲法というのは、一般的に国の最高法規といわれています。憲法=最高法規
日本国憲法。敗戦した後、日本国憲法が制定されました。

憲法=最高法規=日本国憲法

日本国憲法以前、近代を成し遂げた我国において、日本国憲法以前に憲法は存在している。

大日本帝国憲法。作られたのは明治時代でした。
したがって、今の憲法と比較する形で、大日本帝国憲法のことを俗に、明治憲法といいます。
この講座でも明治憲法ということで統一させていただきます。

大日本帝国憲法-明治憲法

みなさんが、学校とか色んな所で学習してきた過程において、
明治憲法に対して、どのような評価を加えておられるでしょうか。
その評価というのは、本当に正しいのかどうか。

一般に憲法のような法律を評価しようと思った場合に必要な作業がある。
まず、憲法の一条一条に載せられている条文の内容(意味)を詳しく詳細に解釈をして、
その憲法がなぜ作られたのか、あるいはその民法がなぜ作られたのかという目的、
「法律を作られた目的」 という意味で、 「立法趣旨」 を明らかにするという公民的な考察が絶対に必要。
憲法のような重要な法律を解釈しようと思ったら、一文一文の条文の意味を見極めるということ。
そして、その作業をしていくうちに、この憲法がなぜ作られたのか、民法がなぜ作られたのか、
立法趣旨を明らかにすること。公民的な考察がまず必要です。
でも、それだけでは駄目なんです。もう一つ。何で、その憲法が作られたんですかと。
何でというのは、例えば、明治憲法でいえば、我が国の国内、あるいは国外のどのような情勢において、
何で、このような明治憲法が作られていったのかという歴史的な経緯も要るわけです。

公民的な考察と歴史的な経緯。
これが分からないと、法律の解釈は出来ません。
本当の作られた意味は解りません。


私は、公民も歴史も教員明許持ってます。教えることが出来ます。
よって、私が、明治憲法に秘められた真実を探るためにも、

明治憲法の公民的考察、歴史的経緯を今回の講座で探っていきたいと思います。













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
正しい歴史認識 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。