So-net無料ブログ作成
検索選択
国の誇り ブログトップ

「南京大虐殺の嘘」 英語と日本語による動画 [国の誇り]

南京大虐殺については、様々な疑問があります。
今年の初めに訪れた大阪護国神社で見た英霊の言の葉。
南京陥落当時の貴重な映像。

『大阪護国神社 2/2 ~英霊の言の葉 南京の正月~』

それらが伝える事実があります。
他にも様々な当時の記事、写真が残っています。

先日、my日本で、台湾在住の会員さんが 「南京大虐殺」 のことを取り上げておられました。
どのように説明すれば、台湾の方に理解してもらえるのか。

けれど、外国人に対して話す場合も、日本人に話す場合も同じかも知れません。
「南京大虐殺」 を信じる人々に無かったことを説明するのは至難のワザです。
南京陥落当時の南京の様子を伝える映像、写真、手紙、記事を伝えるしかありません。
それらの情報から、「南京大虐殺」 の真偽を考える機会とするしかないかも知れません。

真偽を考える機会にして欲しいと思います。

   ------------------------------------------------------------



南京での戦闘終結後、南京市内で中国軍からひどい目に遭わされていた中国人達は、南京への日本軍の入城式で、彼らは腕に日本国旗の付いたアームバンドをし、歓声をもって日本軍を迎えた。
(毎日版支那事変画報 1938.1.11発行)

   ------------------------------------------------------------



日本軍は7月8日の朝5時30分になって、ようやく反撃に転じた。それは中国が攻撃を開始してから、7時間経ってのことだった。南京攻略にあっては一人の日本人が、いつも松井司令官の近くにいた。
彼の名は齋藤義衛、国際法の権威を持つ博士だった。
松井司令官がビラを撒いたのも、国際法上、全く正しい選択だ。

   ------------------------------------------------------------


私たちの祖国、日本の歴史です。

真偽を考える機会にして欲しいと思います。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

ロルちゃんの動画をご存知ですか? [国の誇り]

my日本で、紹介されていた動画です。
ドイツは、ナチスやアウシュビッツの傷跡を今も深く残しているようですね。
敗戦国というのは、戦争が大規模になり、傷跡が深くなるほど後世が背負うものが大きくなるようです。
後世に重い十字架を背負わさないために、我々には、何が出来るのか…

ドイツ人であるロルちゃんの動画を見て、唸ってしまいました。

anpanman.jpg




 ロルちゃん、負けるな!

 日本、頑張れ!!






[猫]NO.104の最初で、ぜひ見てと紹介されていた46番目の動画とは、これです。↓



[猫]同じく、NO.104の最初で、ぜひ見てと紹介されていた75番目の動画とは、これです。↓



   ------------------------------------------------------------

[猫]↓の動画で、ロルちゃん怒ってます。日本でも深刻な事態になりそうな予感が…



[猫]ロルちゃんて誰? 何してる人なの? ってことで、1番目(最初)の動画がコレ↓



[猫]ついでに(?)、二番目の動画がコレです。↓



[猫]たくさんのロルちゃんの動画を並べてみました。
社会コーナーだけでなく、色々な面白いコーナーがあるようなので、お楽しみ下さいませ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画
国の誇り ブログトップ