So-net無料ブログ作成

『弱虫ペダル』 に教えられたこと [漫画]

『弱虫ペダル』 という漫画をご存知ですか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B1%E8%99%AB%E3%83%9A%E3%83%80%E3%83%AB
渡辺航による日本の学園自転車漫画作品。秋田書店の『週刊少年チャンピオン』に2008年第12号から連載され、同社の少年チャンピオン・コミックスレーベルによる単行本が刊行されている。
2011年5月現在、17巻まで刊行されている。


画像.jpg


最初、自転車ロードレースって何ソレ?
と、思いました。

車で走っているときに、凄いスピードで走っている人を見たことがありますが…
自転車を使った競技(スポーツ)として、競輪だけでない、自転車ロードレースというのがあるそうです。

その、あんまり身近とはいえない競技。自転車ロードレースにかける青春。
それが、とっても普通の、普通よりも運動神経が悪そうな男の子が始めるといわれても…
あんまり興味がそそられなかったのですが、いざ、読み出したらハマります。
これが、凄く面白い。ぐんぐんと引き込まれていきます。

何が面白いって、やっぱり、キャラクター。
その個性溢れる登場人物が一見非日常的でありながら、日常とも通じていて面白いのです。

------------------------------------------------------------

画像.jpg

------------------------------------------------------------


まず、一生懸命になることの楽しさ、大切さを教えてくれます。
それから、話が進んでいくほどに、人を変えるのは、一生懸命な人の行動なのだと教えられます。
一人では出来ないことも、仲間と一緒なら出来ると教えられます。
それから、自分の喜びが仲間の喜びになるという大切なことを教えてくれます。
それから、自転車をこぐということは、自分との戦いなのだと教えてくれます。
(自転車に限らないことではありますが…)

------------------------------------------------------------

画像.jpg

------------------------------------------------------------


様々な心の弱さに入り込む声は、悪魔の囁きのようです。
(16巻表紙は、御堂筋君です。勝利に異常なまでの執念を持つ男です)
自信を無くさせ、失意に落としいれ、あるいは、他者を憎み、傲慢さを助長するように仕向ける。
(心の葛藤を大きくし、自滅を誘うのですから、悪魔のような…)
そうして、勝つためなら何をしても良いとまで思わせることも可能になるのです。

けれど、主人公の小野田坂道は、その名前の通り、坂道に強いクライマーです。
坂道をぐいぐいと仲間を引っ張って登っていきます。
苦しいときほど、大好きな歌やグッズで心を奮い立たせて頑張ります。頑張れるのです。
自分のための先にある仲間との目的(約束)のためです。

坂道が持っている一番大切なものは、誠実さです。
大切なことは、諦めないことです。


一生懸命になること、誠実であること、諦めないことが、ダサイ・キモイであるはずがありません。[ぴかぴか(新しい)]

そんなことを、漫画を読みながら考えていました。
とっても温かい気持ちになれる良い漫画です。

続き(18巻の発売)が待ち遠しいです。[揺れるハート]

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

お米一粒。 「あたしんち」 水島さん [漫画]

今朝の読売新聞。日曜版マンガの話題。

けらえいこ氏の 「あたしんち」 楽しみにしています。[揺れるハート]
「あたしんち」 の家族構成は、お父さん、お母さん、みかん(長女)、ゆず(長男)の4人。
住んでいるのはマンション。
お母さんは、専業主婦。
みかんは、高校生。ゆずは、中学生。
フツーの家庭のフツーの日常。そのホノボノが描かれていて、笑わせてくれます。
なるほどなぁ、そう思う回もあります。[黒ハート]

今朝のマンガも良かったです。(連載第654回だそう)
そのまま写真を撮って載せることは憚られますので、文字で転記します。

------------------------------------------------------------

テレビを見ていたお母さん。
選挙カーのアナウンスの大きさに閉口してます。(聞こえなかった!)

また、選挙?
やったばかりなのに。
聞き漏らしたことが悔しくて、目から涙が出してます。([猫]笑)

   [喫茶店]   [喫茶店]   [喫茶店]

お母さんには、仲良し友達がいます。
・真面目で天然ボケ的(?)キャラの戸山さん。
・ノリが良くて、明るいキャラの水島さん。

(おそらく)スタバ。そのときの会話。

戸山さん 「夏休みはいつもギリギリまで田舎にいるけど、今年は選挙があるしど~しよ~かしら~」
       (生クリームの乗ったフラペチーノ。スプーンですくい、困り顔で口に運ぶ戸山さん)

お母さん 「え!?」

水島さん 「わかる!」[ぴかぴか(新しい)]
       (お母さんを指差し、お母さんの、 「え!?」 に同意。すかさず、戸山さんに向きを変えて)

      「戸山さんて先に生クリームから行くのね!?」[ぴかぴか(新しい)]
       
戸山さん 「フツーは違うの?」 (口の端にクリーム。 [猫]笑)

水島さん 「私は、いっしょに吸うわ~」 (盛り上がる2人)

お母さん 「じゃなくて、田舎…」 [あせあせ(飛び散る汗)]
      「戸山さん、選挙のために早く帰ってくんの?」

戸山さん 「ん~ ま~ いちお?」 [あせあせ(飛び散る汗)]
      「水島さんは?」

お母さん 「選挙行く?」

水島さん 「ウチはねぇ~」 (物憂げに、回顧シーン)
      「親がとても選挙を大事にしてる人だったから」 (寝ぼけてる子どもたち)
      「投票には、必ず朝イチで行くくらいで」 (子どもは家でお留守番!)

      「二十歳になって、初めての選挙のときは」 (電話が鳴る)
      (電話を取ると父。「選挙もう行ったか?」 水島さん。「へ!?」)

      「そういう親だったからさ~~」 [たらーっ(汗)]

お母さん 「まァ~~~[ぴかぴか(新しい)]」 (ソンケーのまなこ。水島さんをマジマジ)

水島さん 「でも自分自身はめんどくさいし、大勢に影響ないし--- と思ってたら」
      (回顧シーン。お米をといでいた水島さん。若かりし頃)

      「ある日、といだお米が何粒かこぼれたのを、そのまま流しちゃった時」

      「(ズキ~ン[たらーっ(汗)]) 心が痛んだことがあったのよ」 

      「一粒には7人の神様がいるって言うじゃない? 一票も同じって気がしてね」

戸山さん 「ご両親の素晴らしい教育のたまものね…」 [たらーっ(汗)]

お母さん 「私なら、"迷信” って思って終わりかも…」 [あせあせ(飛び散る汗)]

水島さん 
「だからまー、ご利益はあるかは分からないけど、大事な一粒は大事にしようみたいな気持ちあるのよ!」

お母さん 「すごいわ! 水島さん!」
戸山さん 「とても、 いいお話だわ!」
                                   (水島さんに後光が!? [ぴかぴか(新しい)] )

戸山さん 「水島さんが選挙に出ればいいのに!」[ひらめき]
お母さん 「そしたら、投票するわ!」 [るんるん]

水島さん 「てか、ちゃんと行きなさいよ。2人とも!」 [黒ハート]

------------------------------------------------------------

なるほどなぁ。
そう思いました。[猫] 



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バルバラ異界 [漫画]

513VZR8CGPL._SL500_AA240_.jpg51GVG5FTPBL._SL500_AA240_.jpg09167043.jpg41WQ55XNP4L._SL500_AA204_.jpg

萩尾望都氏のマンガです。
2007年。最も優れたSF作品として、日本SF大賞(日本SF作家クラブ主催)を受賞しています。

なぜ夢をみるのか。

絵の美しさ、キャラクターの魅力、絶妙な会話…
どれをとっても超一級品なのですが、スケールのデカサも超ド級です。
過去と現在、未来が織り成す物語が、空間(世界)観の広さまで網羅しています。
人(個人)が生きて死ぬことについて。
遺伝子に記憶された情報。
家族と社会。その繋がりまでもが夢を絡めて描かれています。

人の夢を覘くことが出来る 「夢先案内人」。
人はなぜ夢をみて、夢は未来に干渉することが可能なのか。
まさに夢物語のようなトンデモ話のはずなのに、近未来の現実の話として「あるかも」 と思わせる力はサスガです。
不老不死や若返り。クローンやカニバリズム。前世や来世。
伝統芸能を含む民族の背負うものまで描かれています。
まさに何でもあり。
なのに、緻密に計算された話。だから凄い。面白いのだと思います。

後悔しないためには、逃げずに人生と向き合うことだと思いました。


   ------------------------------------------------------------

久しぶりの更新です。
書きたい記事が山積みなのですが、全く書けてません。(恥)
色々なトコロに行ったり、映画を観たり、本と読んだり…
(もちろん、仕事をしたり… )
ただ、時間だけが過ぎていったような気がしています。

色々な本も映画も外出も仕事も…
色々なところで、実は繋がっているのだと感じています。
その繋がりを目で見ることは出来ないから、感性を磨くのだと思います。
色々なことに興味を持つことで、アンテナの感度が良くなるからです、。

判断を焦っては、判断を誤まるかも知れません。。
独断と偏見は、目を曇らせるものなのだと思っています。

世の中には完全な黒も白もない気がしています。
本当のところが見え難いゆえに、判断は難しいのです。
(オセロみたいにハッキリ見えたら簡単なのにね)
どの辺りで折り合いをつけるか。
折り合いの付け方には、自覚と覚悟が必要なのかも知れませんね。。





nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『デトロイト・メタル・シティ』 [漫画]

映画は、8月23日から公開されます。
『デス・ノート』 のL役で有名な松山ケンイチが主人公を演じます。

ウィキペディアによると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3
作品名はキッスの「Detroit Rock City」に由来する。
作中に登場する特異な発言やフレーズと平常時の主人公の性格と行動のギャップや作者の強烈なコメントなどから、一部にカルト的な人気を誇る。更にネット上での口コミなどでコミックス1巻は発売早々品薄になった。大手インターネット通販サイトアマゾンにおいて全書籍売上ランキング第1位を獲得している。2006年12月に発売された宝島社「このマンガがすごい!」2007オトコ版にて1位を獲得した。ドラゴンボールや北斗の拳などのパロディが所々に盛り込まれている。過激な言葉の羅列や下品な雰囲気を嫌う読者は当然いて、「読者を選ぶ」形の作品である。香港では『爆粗BAND友』というタイトルで出版されているが、過激とみなされる性的描写やセリフ表現があるため、18歳未満発売禁止という扱いを受けている。
                                              だそうです。[たらーっ(汗)]
---------------------------------------------------------------------

確かに!

>大手インターネット通販サイトアマゾンにおいて全書籍売上ランキング第1位を獲得している
>「過激な言葉の羅列や下品な雰囲気を嫌う読者は当然いて、「読者を選ぶ」形の作品」 

なるほど、人を惹きつける話題の漫画なはずです。

   [かわいい]   [かわいい]   [かわいい]

おしゃれなポップバンドで有名になることを夢見る主人公、根岸宗一23歳と、
超過激極悪非道悪魔系ヘビメタバンドのギター・ボーカルのクライザーⅡ世。
それが同一人物であり、色々な場面での主人公の心のつぶやき(ホンネ)が面白いです。
実際に殺害したり、レイプをすることなどありません。ご安心を!!
クライザーさんになっている宗一が、ファンに取り囲まれてトル言動と、
素の宗一のロマンティストで優しい言動。
そのギャップが大きいほど、なんだか嬉しくなって(!)笑えるのです。
さらには、親思いで優しい宗一が、クライザーさんになることで、DMCファンの弟の更正(?)を助けたり、
フツウの市井の人々がクライザーさんの魅力のトリコとなったり…
なんだか、極悪非道を奨励するというより、人類皆兄弟的な世界平和的なノリにさえなっていきます。
それは、根本にある宗一の優しく真面目で純粋な心ゆえの方向性だと思うのです。
ヒトは、どうしよくもなく、自堕落で救いがたい存在なのかもしれませんが、
希望を失わず、日々を真面目に生きれば報われる(?)みたいな…
意外と、宗一は、そんな救世主のような(?)存在なのかもしれません。
クライザーさんと宗一。この2人に、目が離せなくなる予感が… しています。(笑)

P1020281.JPG
P1020280.JPG

宗一をとりまく人々が、未知との遭遇(?)とはいえ、イッチャッテます。[わーい(嬉しい顔)]
私は、この漫画は、自宅以外では読めません。
なぜなら、笑いすぎて、(その笑い声ゆえ?)恥ずかしすぎるからです。
ギャハハ、ウォッホッホ、ヒャヒャヒャとなってしまうワケです。[わーい(嬉しい顔)]
下品にも、あからさまに、喜んでいる自分を発見してしまうのでした。
ヒンシュク覚悟で、そのイッチャテル&アブナイ映像をYouTubeから貼り付けておきます。



こういう漫画が発売され、多くの読者を獲得するから、犯罪が増えるのでしょうか?
こういった過激な漫画を取り締まり、出版させないようにすることで犯罪は減るのでしょうか

もちろん、香港が取り締まったように、18歳未満発売禁止というのも効果的だと思います。
(私は、当然、18歳以上です!)
18歳未満には刺激的過ぎるだけで、この漫画の悲哀など理解出来ないといえばそうかもしれません。
ですが、15歳なら無理だけど、30歳なら、自己コントロールが出来るから犯罪に走らないのでしょうか?
年齢の区切りだけでは、なんだかムズカシソウな気がします。
では、こういう本(漫画)を出版することが犯罪を誘発しているのでしょうか?
映画化することで、犯罪を触発するでしょうか?
確かに!
なんだか、殺害も強姦も堂々と店頭で売られ、売り上げもスゴイなら、社会的に認められたと勘違いするオバカもいるかもしれません。
ですが、むしろ、そんなオバカは、この漫画を読まなくても自己コントロールは出来ないと思います。
犯罪を犯せば裁かれ刑に服すことは社会のルールです。
本のせいではありません。と、思います。
それは、自分には責任が無い。ということではないのです。
実際、こんな本が氾濫すれば、世の中の倫理観が危ぶまれ、犯罪に巻き込まれる確立が増えること、否定出来ない気はします。

美味しそうな食べ物があるから、それを盗んで食べる。
素晴らしい宝石があるから、それを盗んで身につける。
殺害や強姦の本があるから殺害や強姦をする。
違いますよね。ですが、実際、出版物が増え、目にする機会が増えたら
そんなこと、犯罪の理由として認められるはずないのです!

むしろ、自分の欲望を満たすような職業や趣味を見つけることこそが大切だと思います。
爆発し暴走しないように、社会のルールに違反しないようにガス抜きをする。
そういうことが大切なのではないでしょうか。
そして、体を鍛えるように、誘惑に負けない心を鍛える。
それこそが大切なのではないでしょうか。

人の心は強いようでも弱いものです。
自分の弱さを誰か(他人)や何か(社会)のせいにして責任逃れをしたいものです。
大切なのは、社会がその責任逃れを許さないことではないでしょうか。
それこそが大人の責任であり、社会の責任であると考えます。
実際に、社会の責任として、香港のように18歳未満には発売禁止をすることも有効かもしれません。
可能ならば、性犯罪や窃盗殺人… 犯罪歴のある人には販売しないということも有効かもしれません。
それが(個人情報の侵害?)不可能ならば、犯罪歴に関わらず発売禁止というのもアリかもしれません。
ですが、この漫画の負(悪)の側面だけを拡大し、正(善)の側面を過小評価するのは間違いだと思うのです。
人は、善悪を併せ持つ存在です。
善悪を心に持ちながら、葛藤しながら、社会生活を営むのが人間ではないでしょうか。
悪(の本)を排除すれば善の人だらけになると思う考え方の方が危険な気がしてなりません。
むしろ、悪が蔓延らないような社会。その整備にこそ力を入れるべきではないでしょうか。

社会の悪(賄賂、天下り、毒食品、拉致、自虐史…)に無関心でいて、
本や映画の悪の部分にだけ注目するとすれば… 偽善になりかねない(胡散臭い?)と思うのです。
自分の中の悪を直視することで社会の悪も直視し、良くしていくための努力をする。
この本の悪を直視することで社会の悪にも直視することに繋げていくことが大切だと思いますし、
この本の善悪のギャップでもって、その落差ゆえに味わう爽快感を認めることも大切なのだと思います。

私は、重力の落差(フワッと)感が嫌いなので、ジェットコースターは乗りたくないし、
バンジージャンプもしたくありませんが、
ジェットコースターに乗る人、バンジージャンプをする人を批判したりしません。
(例え話として変でしょうか?)
一歩間違えば大事故に繋がる可能性のある遊具。
それを間違いの起こらないように管理するのは、製造者責任であり、管理者責任でもあります。
そして、利用するかどうかは、利用者責任なのです。
本(漫画)も同じだと思います。

無理矢理、ジェットコースターに乗せるような悪質なことをしないように、
『デトロイト・メタル・シティ』 を無理矢理読ませるようなことも致しません。
ただ、そんなに悪いだけの本でもないと…
なかなかに、オゲレツな中にも人の悲哀や趣味嗜好の妙、発見もあると…
なんだか、笑ってしまう本であると…
私は、思いました。

機会があれば、是非とも、手にとってご覧になって下さいませ。
おそらく、その楽しさにハジケテ(?)しまうかもしれません。
どうか、自宅以外で読まれる場合は、笑いすぎに御用心。
アブナイヒトに間違われてしまうかもしれませんから。

ご注意願います!

さ、今度は映画だ。楽しみだ。


   [かわいい]   [かわいい]   [かわいい]


蛇足ながら…
作者の若杉公徳って、公(おおやけ)の徳(とく)って、
とても、公共心や大切なことが分かっていそうな気がしませんか?
もしかしたら、そんな真っ当なヒトだからこそ描ける漫画なのかもしれません。ね。

   [かわいい]   [かわいい]   [かわいい]

さらに、蛇足ながら…
ムーミンママやパパなら、きっと、クライザーさんのこと面白がるだろうな♪
(以下、クライザーさんがムーミン谷を訪れたとしての想像)

ママ 「(メイクを見て)あら、素敵な色使いだこと」

パパ 「ほほぉ、それは、どこで着替えるのですかな?」

ムーミン 「ねぇ、クライザーさんて悪い人なの?」

ミイ 「ヒャーヒャー。(笑) それで、何をしたいわけ?」

スナフキン 「君は、そういうファッションが好きなの?」

ヘムレンさん 「(驚いて)アヒャー! 世の中どうなったんじゃ?」

スニフ 「(怯えて) ウヘ! ボク、悪い子だった? 良い子になるから許して!!」

な~んてね。[揺れるハート]









nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『砂時計』 芦原妃名子 [漫画]

見ていないのですが、ドラマ化されて、テレビで放映されていたそうです。
もうすぐ、4月26日に、映画としても公開されるそうです。
映画の詳細は、HPをごらん下さいませ。(あらすじもどうぞ)[ムード]

公式HP、アドレス
http://www.sunadokei-movie.jp/index_pc.html

  [カチンコ]  [カチンコ]  [カチンコ]


漫画をお借りして読んだので、記事を残しておこうと思います。[パンチ]

P1010518

砂時計とは、上のカップ(?)から、下のカップに、さらさらと流れ落ちていくことで時間を測るモノです。
島根県にある 「仁摩サンドミュージアム」 には、1年もの時を測る 「一年計砂時計」 があるそうです。
仁摩町には、全国有数の鳴り砂の浜 「琴ヶ浜」 もあります。(行ったことないです!)
『砂時計』 では、この、 「仁摩サンドミュージアム」 と、「琴ヶ浜」 が、重要なシーンとして出て来ます。

仁摩サンドミュージアムHP
http://www.sandmuseum.jp/

続きを読む>>


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。