So-net無料ブログ作成
検索選択

「緊急性がある」「しっかりと対応」 が必要? [ニュース☆ヾ 何じゃらホイ?]

女性宮家の創設 論点整理へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120801/k10014006441000.html
藤村官房長官は、記者会見で、女性の皇族が結婚後も皇室にとどまれる「女性宮家」の創設について、おおむね論点が出そろったとして、有識者からのヒアリングを打ち切り、政府として論点整理に入る考えを示しました。
野田政権は、皇族の数が減っているなかで、女性の皇族が結婚後も皇室にとどまれる「女性宮家」を創設するかどうかなどを巡って、ことし2月以降12人の有識者からヒアリングを行ってきました。 これについて藤村官房長官は、記者会見で「論点や考えられる方策は、おおむね出そろったのではないかという認識だ。ここで一区切りとし、政府内で論点整理を進めていきたいと考えている」と述べ、有識者からのヒアリングを打ち切り、政府として論点整理に入る考えを示しました。
また、藤村官房長官は「非常に慎重な検討を要する事項もあり、まだ具体的にどのような形で国民の議論に付すかは決めていないが、この案件については、野田政権の発足以来、緊急性があるという認識を持っており、そんなに時間をかけてやっていくということではない」と述べました。 (8月1日 13時32分)

首相「しっかりと対応」人権救済機関設置法案に
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120801/plc12080118440018-n1.htm
民主党の「人権政策推進議員連盟」の中野寛成会長らが1日、野田佳彦首相と官邸で会い、人権救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案の今国会成立に向けて、早期に閣議決定するよう求める要請書を提出した。同席者によると、首相は「頭の整理ができたので、しっかりと対応したい」と答えた。(2012.8.1 18:43 )


震災の復興は?
超デフレの対応は?
円高の対応は?
自給自足率の向上は?



埋蔵金が有るから財源は心配ないとか、
超デフレの対策をせず消費税増税だとか、
原発云々とかで計画停電だとか、
ラチェット規定やISD条項があるのに、TPP参加だとか、
道州制や地方主権や憲法改正や皇室典範改正だとか…

そういえば、口蹄疫の感染源はどうなったんでしょうかね。
全頭殺処分やリングワクチン。賠償金は支払われたのでしょうか?
尖閣の衝突事故の対応はどうでしたっけ?
原発被害の拡大は(官邸の対応の拙さゆえの)人災では?


民主党政権に政権交代することを望んだ人々は、
今も、民主党政権の期待しているのでしょうか?


「緊急性がある」
「しっかりと対応」
  が必要なのは、


女性宮家の創設
人権救済機関設置


ですか?


私は、違うと思います。
どんだけ国民をコケにしてるんだ!?
と、思います。国民は、怒っていいレベルだと思います。


-------------------------------------------

民主党政権(極左政権)のうちに、(悲願の)法案は通す!
そう考えているからこそ、「緊急性がある」、「しっかりと対応」 なのです。

この二つの法案を今(8月1日)に言挙げする意味について。
誰に向けた発言なのか。考えてみても良いと思います。

今を生きている私達には、今出来ることをする責務があります。
知らなかった。では、済まないことが進行していることを知らねばならないと思います。

(暗に)イジメ自殺と人権を絡め、天皇陛下の負担と女性宮家創設を絡めていますが、
イジメ自殺と人権救済機関、人権委員会新設の先にあるのは、人権擁護法案よりも危険な人権救済法案です。
天皇陛下の負担と女性宮家の創設は無関係です(天皇陛下の祭祀は女性宮家で担うものではなからです)。
マスメディアの流す耳障りの良い言葉を鵜呑みにせず、何が問題の本質なのかを自分で調べる情報リテラシーが必要です。

日本は、大東亜戦争に負けました。
当時も、情報戦でも負けていたことが明らかになっています。
現在も、情報戦で負け続けていることを知らねばなりません。
知的に痴れているということを知らねばなりません。
さもないと、大いなる負の遺産を子らにに残すことになるからです。

  -----------

女性宮家よりも、占領下でGHQ指令により皇籍離脱された宮家復活が必要です。
宮家復活により、皇統の問題も解決するからです。
莫大な税金が必要となり、女系に繋がりかねず、(国民の不満を買うことになりかねない)女性宮家の創設が緊急であるはずがありません。

我々戦後世代は、皇室のことも、GHQ指令のことも(義務教育で)学ばないままです。
(家庭教育で)子らに教えるにも知らない親がほとんどです。
面倒なことを自ら学ぶよりも、楽しいことは巷に溢れています。
自らの生活で手一杯の人も多いことでしょう。
けれど、この問題は、知らなかったでは済まないことを知らねばならないと考えています。

  ------------


オリンピックのドサクサに紛れて!?
紛らわされてはいけないと思います。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 4

aneurysm

選挙いつするんでしょうか?
生活向上と引き換えのファシズムなら
歴史のネタにもなるでしょうけど。
怖いですよね。
by aneurysm (2012-08-03 20:03) 

元気

aneurysmさん、こんばんは。
お久しぶりです。

(解散)やるやる詐欺ですかね。
(選挙)やるやる詐欺でしょうか?

昨日の読売新聞の1面と2面にまたいで、大きな扱いで論説が掲載されていました。
政策研究大学院の北岡伸一大学教授だそうです。
「懸案置き去りの解散禁物」 だそうです。
読売新聞は、参議院選挙の当日の朝刊に、
「拝啓 有権者の皆さんへ」 という記事を載せています。

【参議院選挙 本日、投開票】 日本人の覚悟が問われる選挙
http://muumintani-irasyai.blog.so-net.ne.jp/2010-07-11

読売(ナベツネ)は、総力上げて民主党に政権交代させたのですから、
ネジレを阻止したかったでしょうから、結果はご愁傷さまでした。です。

ちなみに、衆議院選挙前日の記事もあります。
【読売新聞一面 「拝啓 有権者の皆さんへ」】
http://muumintani-irasyai.blog.so-net.ne.jp/2009-08-29

本当に、戦後体制を維持させたいのは誰なのか。
どういった人々なのか。
そのことにこそ、気づかないといけない気がしています。

戦後体制の維持の最終的な目標は二つ。
憲法改正(ナベツネの悲願)と、皇統の断絶(共産党の悲願)です。
二段階革命を成就するための画策が効いてきています。
by 元気 (2012-08-06 23:08) 

元気

解散、決まりました。

ばんざ~い!

さて、どこに? だれを?

新党のゴタゴタ…
票のための大同?
何の改革のための大同?? 

明確でないなら、民主党にすら及ばないかも。
人で選ぶというより、やはり党で、政策で、実行力と理念で選びたいものです。
思い込みを排除せねば日本の再生など不可能です。

戦後体制からの脱却。
戦前戦後の総括と原状回復。
歴史に学び、原理原則に立ち返らねば…
by 元気 (2012-11-16 19:48) 

元気

【女性宮家案に反対多数 皇室典範改正論議は中止見通し】
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121219/plc12121900220000-n1.htm
-----------------------------------------
2012.12.19 00:21 [皇室]
 政府は18日、女性皇族の結婚後の皇室活動に関する論点整理を受けた国民からの意見公募で、「女性宮家」創設に「反対する意見が極めて多く寄せられた」とする結果を発表した。次期首相に就任する自民党の安倍晋三総裁は女性宮家創設に反対の立場で、「男系で紡いできた皇室の長い歴史と伝統の根本原理が崩れる」としてきた。そのため、野田佳彦政権が目指してきた皇室典範改正論議は中止となる見通しだ。

 政府は10月に公表した論点整理で、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる女性宮家創設案について「検討を進めるべきだ」と明記。これに対する意見公募には、10日までの2カ月間で約26万7000件が寄せられた。

 内閣官房によると、女性宮家について「安定的な皇室活動のため自然な流れだ」との賛同意見がある一方、「将来、女系天皇につながる恐れがある」などと反対する意見が多数を占めた。旧宮家の男系男子孫による新宮家創設を求める意見も多かった。

 ただ、内閣官房では意見公募について「問題意識を幅広く把握するため行ったもので、意見の分類は極めて困難だ」として、賛否の内訳を集計しなかった。
----------------------------------------------


>内閣官房では意見公募について「問題意識を幅広く把握するため行ったもので、意見の分類は極めて困難だ」として、賛否の内訳を集計しなかった。

>次期首相に就任する自民党の安倍晋三総裁は女性宮家創設に反対の立場で、「男系で紡いできた皇室の長い歴史と伝統の根本原理が崩れる」としてきた。そのため、野田佳彦政権が目指してきた皇室典範改正論議は中止となる見通しだ。


皇室典範改正を、「緊急性がある」 と進めて来たのに、
緊急性は、政権(首相)の捉え方で変わるものなのでしょうか。
「緊急性がある」 かどうかの認識は、約26万7000件の認識とは無関係なのでしょうか。

「人権擁護法案」 が 「人権救済機関設置法案」になったように、
その都度葬り去られているのに性懲りもなく 復活してくるゾンビ法案と同じですね。

油断させて隙を突く。
油断も隙もありゃしない!

復活させないためには、
日本の再生、戦後レジームからの脱却、日本人が正気を取り戻すしかありません。

ゾンビのような政治家を復活させないことです。

そのためには、
天皇陛下、皇室、宮家の伝統的、歴史的、文化的な意味、その尊さを知ること。
祭祀を復活させることで感謝の心を取り戻し、
日本人としての誇りを取り戻すしかありません。


by 元気 (2012-12-19 22:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。