So-net無料ブログ作成

渡部昇一氏の公開質問状を愚弄。小林よしのり氏は卑怯者だ。 [雑誌]

小林よしのり氏と女系天皇については、過去に記事を二つだけアップしています。

■迷子になる理由。日本が迷子になる!?

■女系継承? (WiLL5月号、p202)

my日本でコミュニティを作り、トピックを立てているからです。
(興味ある方は、my日本の会員になって下さい。my日本は、無料のSNSです)

女系天皇は、『昭和天皇論』 を出版する(売る)ための方便なのかとも思いましたが、
どうやら本気で(?)、暴走しているようです。

まずは、月刊『WiLL』 7月号で、小林氏に対して、渡部昇一氏がこんな質問状を出しました。

IMG_0001.jpg

 本誌先月号にて、小生の意見が竹田恒泰氏と同じであるとして批判の対象に入れておられるようです。対象となっているのは日本人にとって極めて重要な問題であるので、お互いの意見に対する誤解のないように議論を進めたいと思いますので、先ず次の質問にお答え下されば幸いです。これによってお互いの立場がはっきりすると思います。
 お答えは各質問に対し、一行か数行で十分だと思います。それを議論の出発点としたいと思いますがどうでしょうか。

(1)明治の皇室典範及びその義解についてどうお考えか。
a 極めて重要で今も重視すべきである。
b 今となっては考慮するに値しない
c 右の二つと違う考え方(もしあれば)

(2)小林さんは今上天皇は女系天皇に賛成というご見解のようですが、その陛下のご意見の出所をどこに置いておられるのか確認させて下さい。

(3)神武天皇以来、今上天皇に至るまで、女系天皇だと小林さんが認める天皇はどなたでしょうか。

(4)女系天皇に反対の立場の人を小林さんは 「カルト集団」 のようだと言っておられます。私の尊敬する小田村先生(元拓殖大学総長)も小堀先生(京大名誉教授)もカルトの一員ということになります。

 この方たちは、私の理解している 「カルト」 とは全く違ったタイプのお人柄だと思っております。この単語についての理解に仕方が私とは違っていると思われますので、是非小林さんの考え方を知りたいです。

 右の四点の立場を御明示されれば、横道にそれず、罵詈讒謗の言葉や表現を使う必要もなく、冷静にお互いの見解を述べることができると思います。

   ------------------------------------------------------------

それに対して、(8月号での)解答がこれです。

IMG_0002.jpg

本紙先月号において渡部昇一氏がわしに公開質問状を出しています。
それに細かく答えることも可能ですが、質問事項が専門的要素を含んでいるため、かえって読者に議論がわかりにくくなるおそれがあります。
 渡部さん、もっと読者に分かりやすい議論をしませんか?
皇位継承問題は、そんなに難しい話ではありません。

①皇籍取得してもいいという旧宮家子孫は実在するのか?
男系継承論者が主張する唯一の方策は、旧宮家子孫の男子に皇籍を取得させ、新宮家を創設することです。
竹田恒泰氏は、安定的皇位継承のため四つの宮家創設が必要だと主張しています。これから皇族になってもいいという男性が本当に四人存在するのでしょうか?
いないのであれば男系継承は不可能であり、女系も公認して、直系継承に道を開く以外ありません。

②旧宮家子孫の皇籍取得を国民が認めるか?
 仮に四人の旧宮家子孫が立候補したとしても、全くの一般人が皇位継承資格を持つという前代未聞の事態を国民が求めるでしょうか?
女系皇族がそのような政略結婚を受け入れますか?
国民が求めなければ実現は不可能です。なぜなら国体とは「君民一体」、天皇と国民の双方によって成り立つからです。

③側室なしで男系継承が続くか?
 さらに仮に四人の皇籍取得が認められたとしても、側室がなければその「新宮家」もいずれ男系継承は不可能になります。現在の医学では、必ず男子を誕生させることはできません。
竹田恒泰氏は、歴代天皇の側室は四分の三の高確立で男子を産んでいると主張していますが、それは男子誕生まで五人でも十人でも子供を産むのが当然とされていた時代のこと。今上陛下は、昭和天皇・香淳皇后の第五子です。この晩婚少子化の時代に、皇族だけ多産を強制するのは無理があります。

①いない ②認めない ③続かない
 この三重困難を乗り越える方法は、一切ありません。にも関わらず、頑迷に、実行不可能な男系継承を主張し続けているのはどういう人々でしょうか。わしには2種類しか考えられません。

①駄々っ子
②カルトの信者

渡部さんはどちらですか。答えて下さい。わしは②だと思っています。まさか子供じゃないんだから、これは狂信でしょう。それを「カルト」というのです。

   ------------------------------------------------------------

小林氏は質問に答えていません。

あろうことか、丁寧に公開質問状を送った渡部氏を愚弄するような解答を寄せたのです。
これは、人としての良識を疑われてしかるべき態度だと思います。

■女系継承? (WiLL5月号、p202) でも書きましたが、
GHQの言論統制化に制定された皇室典範など無効にすれば良いのです。
だいたい、皇室の家法である皇室典範に対して、小林氏が意見を述べるなど、畏れ多いと思うからです。
小林氏は、本来、『天皇論』 や『昭和天皇論』で、天皇様をを尊いもの、畏れ多い存在と描いておられたはず。
なぜ、天皇様を貶めるような、御心を痛めるようなことを書かれるのか… 理解に苦しみます。
皇室を蔑ろにするような考えを広めないでいただきたい。
国体を破壊するような考えを広めないでいただきたい。
原点に立ち返り、公的な存在としての天皇様の尊さを思い起こして欲しいと思います。

皇室典範を無効であると国会の半数をもって決議すれば、皇籍離脱させられた宮家は全て復活します。
(復活してから後に、皇室を離脱することは別の話です)
それで、皇位継承問題は、解決するはずです。
万が一、解決しなかったならば、それは、そうなった際に考えれば良いことです。
あらゆる手を尽くさず、ましてや皇室典範の無効確認決議もせず、女系公認とは、時期尚早です。
むしろ、あらゆる手を尽くさせず、皇室典範の無効確認決議をさせないために、女系公認なのかも知れません。

自分の意に添わない場合は、あらゆる手段で排斥する。

まさしく、左翼の方々のやり方です。
相手の言い分を聞かず、真っ当な話し合いをする意思はなく、相手を愚弄する。

そうです。小林氏は、サヨクと自称しております。
(前号NO.10、サピオp60欄外で) 「元々わしはサヨクだったのだ」 と書いていました。

このやり方は、日本の国体破壊を目論む左翼のやり方です。
小林氏は、いったいどうしてしまったのでしょうか。
鋭い視点で良い作品が描ける人なだけに、残念でなりません。


nice!(1)  コメント(50)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 50

花うさぎ

こんばんは。

素晴らしい!その通りだ、と私も思います。
by 花うさぎ (2010-06-27 23:03) 

ねむ太

こんばんは。
左翼が青ざめ、皇室問題も解決する方法としては、日本国憲法を破棄し、大日本帝国憲法を復活させた上で、憲法改正すればいいのではないでしょうか。
法律は(憲法も)不磨の大典などではありえません。
人間が社会生活を営む上で、必要な道具です。
by ねむ太 (2010-06-28 19:59) 

元気

花うさぎさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。
花うさぎさんと同じ意見とは心強い。安堵しました。
by 元気 (2010-06-28 21:30) 

元気

ねむ太さん、こんばんは。
そうですね。青ざめちゃいますね。
そして、青筋立てて真っ赤になって怒るかも。
だから、戦後レジームからの脱却を声高に掲げるとバッシングされるのでしょう。

日本国憲法は、破棄ではなく、無効確認決議だけで十分だそうですよ。
大日本帝国憲法に反しない部分は、そのまま適用できるからです。
照らし合わせて、時代に合せて自主憲法を制定するのが日本再生にためには必要であると思います。

歪な憲法に日本人を合わせようとするから、社会に閉塞感が生まれるのです。
時代は、自民党政権を経て民主党政権となりました。
このままでは、日本人に広がる筒ある歪みは、複雑怪奇なものになるかも知れません。
けれど、神代の昔から培った日本人の叡智は、大和の心として遺伝子レベルで刻まれているそうです。
だからこそ、再生のためには、歪みを正さねばなりません。

諦めずに出来ることをやるしかありません。
勉強する(知る)ことの大切さを実感しています。


by 元気 (2010-06-28 21:43) 

tukutuku

小林氏こそ、売国まっしぐらですね。
今日、Willの8月号を読みましたが、小林氏の反論は全く回答になっていません。かつて、従軍慰安婦問題で左翼の連中が全く意味不明のことばかり言い、証拠なども示さず、ひたすら保守系の人達を罵倒していたのと同じことです。
恥を知って欲しい。
これでゴー宣の読者はかなり減るでしょうね。
9.11のテロあたりで反米を強調しはじめた頃から、「こいつ、アホじゃないか?」と思っています。
核と戦時動員兵力で日本を圧倒する中共、ロシア(今もグルジアなどを侵略中)を隣にして、日米同盟以外に日本が生き残れるはずないのに、米国批判を繰り広げる小林氏は、国益をどのように考えているのか、全く疑問です。
最近、新しく9人の政治家との対談本を出して、民主党議員を誉めたりもしていますが、あいつらの嘘を見抜けないのか、確信犯なのか、いずれにしても彼の主張や行動には疑問を感じます。
経済についても、全く無知で、自由主義経済を「市場原理主義」と罵倒する始末で、あきれるばかりです。
暴走列車ですね。
by tukutuku (2010-07-02 15:39) 

元気

tukutukuさん、おはようございます。
そうですね。
ゴーマンは、傲慢がウリですから、自覚が前提でした。

傲慢であることを承知で、本音を言わせていただきますよ。
というのが、「ゴーマンかましてよかですか?」
であり、傲慢を承知で、応援し勉強もさせていただきました。
もしかしたら、政治的な発言が増えるにつれ、その知名度を利用しようと擦り寄ってくる人々が感覚を狂わせたのかも知れません。
まるで、読者の感覚まで狂わせようとしているかのようです。

あれ?
そうなの?
よしりんが書くなら、(今までの作品からも)本当なのかも。
従い、信じることほどラクチンなことはないからです。
間違っていることが世間さまに指摘されれば、「信じただけ、知らなかった」 と言い放ち、小林氏に責任を押し付けることも可能だからです。
それって、なんだか、今の政治の状況と似ていますよね。

自民が与党の折には、自民が悪いから。
民主が政権を取り、ブレブレの迷走をすれば鳩山氏が悪いから。
今、菅総理ですが、独断と偏見と横暴が発覚すれば、菅氏がぁ。
○○がぁ、○○ガー。です。無責任の極みです。

国民が日本をつくってきました。
これからも日本をつくっていくのは日本人です。
無責任な日本人や外国人に政治を任せるととんでもないことになります。
次の世代に引き継ぐ日本に責任をも持たねばなりません。
他人のせいにして、自分を安全圏におけるほど、世界は狭くないからです。
他者のせいにしても、重大な影響を及ぼしますから、その責任から逃れることは出来ません。

男系は、世界に類をみない伝統であり、日本の国柄です。
その国柄を壊すこと(女系公認)を目的とするような論には、到底賛同できません。
そんなことをしたら、命を懸けて国柄を護ろうとした先人に申し開きが出来ませんし、
何も知らない、まだ生まれていない子らにも申し開きが出来ないからです。
日本は、今生きている日本人だけのものではないからです。

>最近、新しく9人の政治家との対談本を出して、民主党議員を誉めたりもしていますが…

本屋さんで拝見しました。(購入する価値はありません)
簡単に読める薄っぺらの内容です。深みが無いのは、小林氏に深みがないからです。
9人の政治家が悪いのではなく、聞き手である小林氏が引き出せていない気がします。良さも悪さも。
不十分な内容を有難がって拝聴するほどの小林信者にはなりたくありません。
さらには、作品を売るために過激になり、暴走しているとすれば…
売文業者そのものです。

全てのジャンルに専門家の知識を持っている人も少ない。
そして、小林氏も、持ち合わせていない。

だから、読者は、小林氏の著作を節度を持って読んで欲しい。
そう、思います。

暴走の道連れも心中もごめんこうむりたいです。
by 元気 (2010-07-03 07:45) 

ほほえみ

この小林よしのり氏はちょっと異常な考え方ですね。

普通の良識ある日本国民ならそれは分かるでしょうから、近々、この漫画家は表舞台から消えていくような気がします。

by ほほえみ (2010-07-06 09:45) 

元気

ほほえみさん、こんにちは。

普通の良識ある日本人。
私は、それさえも疑っています。
なぜなら、普通の良識ある日本人が多いなら、今の日本の危機的な状況は避けられたはずだからです。

また、表舞台から消えたとしても裏舞台で活躍している方々、力を持つ方々はたくさんいらっしゃいます。
日本人が、歴史を知り、良識を備えない限り、異常が異常とならない異常な世の中が続くと思います。

by 元気 (2010-07-06 12:17) 

manami

小林よしのりというのはこんなにウザイ、めんどくさい男だったのか
保守主義者のように装うっているが、左翼のしっぽをしっかり出してきたね。、
右翼とか保守とか言葉に最近こだわっているが、自分が左翼の出自であることを自覚しているからだろう。

今回、渡部昇一先生の公開質問をはぐらかし、しかも質問に答えない理由がふるってる。専門的要素を含んでいて、かえって読者にわかりにくいだと。

いつも、肝心の所にくるとはぐらかし、逃げの一手だ。
チャンネル桜の討論会で、水島社長から「小林さんは悠仁親王殿下と愛子内親王殿下とどちらを先に皇位に考えているか」と質問され、ここが一番痛いところと見えて、すっとぼけて答えにならない答えをしていた。

反対する論者を男系絶対主義者だのカルトだのののしりながら、自らの道鏡的背徳漢ぶりには頬被り。
小林こそ雅子様・愛子様(小林は妃殿下とも、内親王殿下とも言わない)及び小和田家の走狗となっている。
反皇室、反天皇の旗手(歴史はこのように見るだろう)になっている自覚があるのか無いのか。

渡部昇一先生は何も難しいことを聞いているわけではないから先ずそれに答えるべきだ。
特に、(2)、(3)、(4)は極めて明解に答えうることを聞いている。これに答えると、何か恐ろしいことが待っている予感だけはしているのだろう。

小林よしのりは「戦争論」以降、確かに良い仕事をしてきたと思う。
しかし、「天皇論」で化けの皮がはがれ、全てパーにしたね。

①2600有余年男系でつないできた天皇家を、今男系の悠仁親王殿下がいるにもかかわらず、女系への道を拓くことになる愛子内親王殿下をたてなければいけないのは何故か。
愛子内親王殿下は帝王学を学ぶ機会もなく、今や遅きに失したと認めざるをえないのではないか。

②小林は旧皇族中皇族復帰の意思ある男系男子を連れてきて記者会見させろと、無礼千万なことを言
っている。皇室に対する幾ばくかの尊崇の念があれば、それに連なる皇族の方々に対して、このような暴言を吐けるものであろうか。
小林の天皇尊崇が付け焼き刃である何よりの証拠だ。天皇崇敬なら、それに連なる、皇族は、皇籍
離脱された(させられた)皇族にも当然及ぶはずだ。全てのお膳立てをした上で、旧皇族の有志の男系男子にどうぞお戻りくださいとお願いするのが筋というものだ。

③神話と歴史は区別するべきだ。
天照大神が女神だから皇統も女系でかまわないというのは飛躍した論理だ。
この点は、新田均先生の説よりは、小堀桂一郎先生の説がよいのではと思うが、小林は小堀先生の
説には全く聞く耳持たずの姿勢に終始している。

「サピオ」も小林がどんな悪態をついているか見るために買っているけど、本当は購入もう止めたい。

by manami (2010-07-08 11:46) 

雪風

はじめまして、雪風と申します。
この記事が大変参考になりましたので、誠に勝手ながら当ブログで紹介させて頂きました。ご迷惑になるようでしたら削除いたします。


私もどんな論争が始まるのかとても楽しみにしていたのですが大変残念ですよね。もしかしたら9月号で進展するかもしれませんが。。
by 雪風 (2010-07-09 22:09) 

元気

manami さん、こんばんは。

>「サピオ」も小林がどんな悪態をついているか見るために買っているけど、本当は購入もう止めたい。

SAPIOとWiLL。年間購読してます。
共に、出版社の良識を疑うと、メールを送りました。
購読しているのですから、発言します! (^_^;)
by 元気 (2010-07-11 21:13) 

元気

雪風さん、こんばんは。
ご紹介、ありがとうございます。m(__)m

9月号で進展。
あれば良いですよねぇ…
(皇室叩きが始まるイヤな予感もありますが)
by 元気 (2010-07-11 21:15) 

在野の臣

小林は、最早国賊としか思えない。

そもそも、世界一の長さを持つ皇室の継承に関して、一匹夫ばらが意見するなど、天に唾し、(日本の)神をも恐れぬ、罰当たりで僭越至極な、畏れ多い所業だ。

また、パチンコ企業とライセンスを結び、それを非難されるや、相手企業が在日資本ではなく、パチンコそのものは自己責任、などと自己弁護している。あれほど日本人の精神性を云々していた人が、自分の商売の醜さをを正当化した訳だ。

所詮、左翼は、伝統を破壊し、自分の意に沿わない者を徹底的に排斥し、自己満足に浸ることでしか、己の存在価値を見出せない愚か者に過ぎない。それは、世界中の歴史が示している。彼らの末路もだ。小林とて例外ではなかろう。
by 在野の臣 (2010-07-21 02:16) 

護国を願います。

難しいことはよくわかりません。
ただ、可能性の問題じゃないですか?
このまま男系維持を主張して、皇室が永遠に続くのでしょうか。
もしもそれが可能ならば、小林よしのり氏もわざわざ論陣を張る必要はありません。
皇室の「聖域」が確保されたまま、男系維持が可能であれば、小林氏ももちろん男系維持を主張するでしょう。

小林氏の天皇陛下に対する忠義の心は疑いようがありません。だって、これほど天皇陛下のことを思い、皇室がいかに日本人にとって大事な存在であるかを、これほど多くの日本人に示してくれた人はいないと思うからです。
左翼であるはずがありません。

側室制度がない限り、男系維持はカミカゼに頼るようなものです。
宮家を増やしても、宮家でも側室制度はないのですから、皇室だけよりは可能性が広がりますが、しかし、皇室が永遠に続くシステムとは、とても言えないような気がします。。

それから、「聖域」の問題です。
その中で育った人と、俗世間にまみれた中で育った人と、天皇陛下にふさわしいのは、もちろん皇室という「聖地」に育った方でしょう。
「聖域」に育った女性と、
俗世間にまみれてはいるが男系を維持できる可能性がある男性と、どちらを国民は天皇陛下として愛せるか、だと思います。

長い長い日本の伝統を背負った問題ですから、そう簡単には結論は出せませんよね。
でも、お互いに罵りあって、お互いに「左翼め」と侮蔑していたのでは、結局皇室の永遠の維持にはつながらないと思います。

永遠の男系維持が可能なのであれば、それをもっとわかりやすく説明してほしいです。
悠仁親王殿下がいらっしゃいますが、しかし、男系維持の重荷を悠仁親王殿下だけに背負わせて、奇跡を待つようなそんな無責任な態度で良いのかなあ・・という疑問があります。

皇室を愛する誰もが、「男系維持」が可能なら、それを望んでいるものと思います。
誰も異論を唱える必要はありません。
ただ、その維持に不安があるなら、ギリギリの切羽詰まった身動きのとれない状態になってから、それに代わるシステムを考えるよりも、男系維持の可能性が残されている今のうちに、なんとか皇室が永遠に続く道を探る方が、誠実ではないでしょうか。

愛子内親王殿下でさえ、今から帝王学を学ぶには遅すぎるという意見をおっしゃっている人もいるではありませんか。

聖域を確保し、帝王学を早くから学べる状況を作っていかなければ、本当に悠仁親王殿下だけが頼りとなります。

もちろん、宮家を復活させたとしても、成人した方にそれから帝王学を学んで頂いても、それはもう遅すぎます。
愛子内親王殿下でさえ、遅いという意見でさえあるのですから。

そうなると、復活した宮家の男系男児を皇室に入れて早いうちから帝王学をほどこすということになりますか?

昭和天皇の血も、今上天皇の血も引いていない天皇が誕生することになります。

何百年か前の天皇の血を引く男系の天皇と、今上天皇の血を引く女性の天皇。
どちらが国民にとって愛される存在なのか。
こればかりは、想像もつきません。

いずれにしても罵りあっていては、
勤王の志士の名が汚れます。
私は、小林よしのり氏も渡部昇一氏も
勤王の志士であると思います。
ぜひ、智恵を出し合い、皇族が永遠に続く道を探ってほしいと願っています。




by 護国を願います。 (2010-07-25 10:52) 

元気

護国を願いますさん、こんにちは。

>このまま男系維持を主張して、皇室が永遠に続くのでしょうか。

あれ?
記事本文は、お読みになりましたか?
私は、こう、主張しています。

皇室典範を無効であると国会の半数をもって決議すれば、皇籍離脱させられた宮家は全て復活します。
(復活してから後に、皇室を離脱することは別の話です)
それで、皇位継承問題は、解決するはずです。

>左翼であるはずがありません。

そうかも知れません。
これも、記事の本文に書いていますが、
小林氏本人が、

(前号NO.10、サピオp60欄外で) 「元々わしはサヨクだったのだ」 

と書いていました。ただ、それだけのことです。

>ぜひ、智恵を出し合い、皇族が永遠に続く道を探ってほしいと願っています。

これも、記事本文で疑問を呈しております。

あらゆる手を尽くさず、ましてや皇室典範の無効確認決議もせず、女系公認とは、時期尚早です。
むしろ、あらゆる手を尽くさせず、皇室典範の無効確認決議をさせないために、女系公認なのかも知れません。

よくよく本文をお読みいただきたいと思います。

>難しいことはよくわかりません。

私も、難しいことはよく分かりません。
だからこそ、分かろうと努力することを怠らないようにしたいと思います。

>いずれにしても罵りあっていては、勤王の志士の名が汚れます。

小林氏がされているような、女系を認めない人々を罵ることはしたくありません。
さらには、名を汚すとか汚さないというよりも、礼を逸することなく、必要な議論はすべきであると考えています。

どうか、記事本文をお読みになった上で、コメントをいただくようにお願いいたします。

それから、いただいたご意見(問題提起?)。

○男系維持で、皇室が永遠に続くのか
○皇室の「聖域」の問題
○側室制度
○重荷を悠仁親王殿下に背負わせることの是非
○帝王学を学ぶ時期
○昭和天皇の血も、今上天皇の血も引いていない天皇が誕生する
○どちらが国民にとって愛される存在なのか

これらの主張は、全て(女系公認とするための)小林氏の主張(論展開)です。
その是非については、先入観を持たずに、皇室のこと、日本の天皇のことを学ぶ機会を持たれてはいかがでしょうか。
頭に入りやすい小林氏の「天皇論」、「昭和天皇論」だけでなく、様々な本をお読みになることが必要だと思います。

>難しいことは分かりません。

この言葉を言い訳にしない覚悟が必要です。
難しいことも理解するための努力を怠ってはいけません。

>ぜひ、智恵を出し合い、皇族が永遠に続く道を探ってほしいと願っています。

日本人なら、他人事ではありません。
日本人なら、他人任せではいけません。
頭に入りやすい論だけで判断し(誘導され)てはなりません。
自戒したいと思います。

by 元気 (2010-07-25 17:23) 

護国を願います。

こんにちは。
ご丁寧な返信をありがとうございました。
感激しました。m(_ _)m

小林よしのり氏の考えに共感しています。
それでも、男系維持の道も残せたらどんなにいいかとも思っているのです。

例えば稲田朋美氏は、男系の伝統を容易に変えることはできないとおっしゃっています。
その言にも、共感します。

それで、結局、こんな書き込みになりましたが、丁寧に返信下さり、やはり誠実な方なんだなと思い、嬉しく思いました。

元気さんがおっしゃる通り、自分でもっと考えなければいけませんね。
勉強も続けたいと思います。

ただ今のところ、小林よしのり氏の次の言葉は、やはり私の中で大きいのです。



聖域で育ってなく、
俗世間にまみれた旧宮家の人を、
天皇として愛することができるのか。



ただ、これも旧宮家の方の中に、俗世間にまみれてなく、皇族の方々のようなオーラや神々しさを感じる方がいらっしゃれば、問題なく愛せるような気がしますが。(^^)


あとは宮家の復活で男系が維持できるのか、という疑問も解決できていません。
元気さんの記事本文ももちろん読ませて頂いたのです。
ただ、側室制度がなくては、宮家を復活させたとしても、男系の維持には限界があると思いました。
根本的な解決とはならないと、今は思っています。
だからといって、すぐに女系公認以外認めないというのは、おっしゃる通り時期尚早であると思います。
天皇陛下や皇太子殿下、秋篠宮殿下が、宮家の復活を望んでいないのなら、話は別ですが・・・。

なるべくニュートラルな立場で学んでいきます。
お忙しい中、アドバイスをありがとうございました。m(_ _)m
by 護国を願います。 (2010-07-25 21:21) 

Real-Kid

>「護国を願います。」様

横レスを失礼いたします。Real-Kidと申します。

小林氏にシンパシーを持つ方には違和感があるかも知れませんが、谷田川氏が貴兄の疑問への回答をとりまとめておられます。

「小林よしのり『ウソ・詐欺全集』」
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/index.html

また、見落とされがちですが、「女系承継」は制度としても不可能である旨、静岡大学の大磯先生が、考察なさっておられます。

「『女性天皇』は机上の空論。なぜか?」
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column002.html

それから、旧宮家には、昭和天皇陛下の皇女が嫁がれており、敬宮内親王殿下や悠仁親王殿下の「はとこ」(祖父が姉弟)の方がいらっしゃる様です。血縁(母系)としては、非常に近く、もしも、今般の「改正」が昭和天皇陛下からの承継に適用されていたら、そちらに系統が移行していた事となるほどです。是非ご参考に。

失礼致しました。
by Real-Kid (2010-07-27 10:05) 

元気

Real-Kid さん、こんにちは。

>横レスを失礼いたします。

お気になさらずに。

皇統について、皇室について、日本人は多くのことを知らねばならないと思います。
日本の誇りと大和の心の根幹に関わることです。
興味を持って、調べて下さる方が増えて欲しいと思います。

知らないから、皇統さえも、ご近所さんの相続(家系図)と同じように考えておられるような気がします。
ご近所さんなら、名字を継ぐ方が娘であっても構いません。
遺産を相続し、代々の墓を守り、名誉を引き継ぐことが目的だからです。
けれども、皇統は違います。
日本という国の安寧を祈る祭祀の最高峰を引き継ぐということは、日本の魂を守ることを引き継ぐことです。
人は誰でも必ず父がいて、母がいます。
日本人の誰もが代々を遡っていけば、皇統と縁を持っています。
ご近所さんの相続問題とは次元が違うことを知らねばなりません。

先日発売された、『WiLL』 で、小林氏は、女系公認から、さらに踏み込んで、「愛子様皇太子論」 を掲げました。
女性週刊誌『女性自身』7月6・13日合併号の記事で掲げたことを発展させています。
小林氏は、
「国民(特に女性)は、愛子内親王殿下に心奪われている」
だから、女性誌に力を入れ、(女性誌を読む層の)大衆こそが、国民という大海であり、愛子様を天皇陛下とする船を浮かべる。
そう、主張しています。
(大衆紙を読む女性を女系公認派にする目論見でしょう)

女性週刊誌は、韓流のオンパレードです。
愛子内親王殿下が天皇陛下になられ、伴侶として選ぶのが韓国の方であることまで望みかねない人々を大海としています。
実際に、7月6・13日合併号では、小林氏の記事を先頭に、
高橋紘氏の「今すぐ、『女性宮家』創設を!」、
渡辺みどり氏の「愛子さまには海外後留学&外国人男性との御結婚を!」 と、続きます。

ご近所さんの跡継ぎ問題を韓流スターに夢中のご婦人方に言い含め(すりこみし)ているかのようです。
実際に、これらのマスコミ(ゴシップ)好きなご婦人方が皇統の行方を代表する世相、世論となります。
民主党に政権交代したと同じように、止めることの難しい流れを作ろうとしているようです。

簡単に手に入る、耳触りの良い情報(甘言)ほど、精査が必要です。
が、精査どころか、マスコミが情報源の人々は、マスコミが~ で、終わりになることでしょう。

取り返しのつかないこと。あるのです。

そのことを考えない限り、愛子内親王殿下だけでなく、日本人が日本国が翻弄させることを肝に銘じなければなりません。

小林氏は、、『WiLL』で、
「皇室は国民という大海に浮かぶ珠玉の船である」
一部のうるさん男系カルト信者など、井の中の蛙に過ぎない。
国民という大海は、全く違う波を描いている。
と、描いています。

まるで、女系公認以外は、人にあらず。というようなゴーマンさです。
皇統も天皇陛下も、波に翻弄される船に見立てることも間違いです。
皇統も天皇陛下も愛子内親王殿下は、アイドルではありません。
人気商売の大衆に媚びることを生業とする芸能人とは違います。
小林氏のゴーマンさが、皇室に向けられることを、それを囃し立てる人々がいることを、日本人として、とても恥ずかしく思います。

日本人は、恥をどこに忘れて来たのでしょうか。
日本人が恥の意識を取り戻さねば、日本丸は迷走し、沈没してしまうことでしょう。
天皇陛下は、神様との架け橋の上で、その様子をご覧になられて、とても哀しまれると思います。

それは、とても申し訳ないことです。(T_T)
by 元気 (2010-07-27 18:22) 

Real-Kid

>元気 様

レスポンスいただき有難うございます。実は、投稿してから、元気様への直接のお断りが無かったことに気づき、青ざめていたところでした。ご配慮深謝致します。

小林氏の、外務省小和田氏を筆頭とする似非エスタブリッシュメントの走狗=大衆向け宣伝機関、としか考えられない言動は悲しむしかございません。彼にはそれなりの経済的な事情があるようですが。

週刊女性ですとか女性セブンですとかで散々敬宮殿下の立太子を煽っております。それに悪乗りしているブロガーも一定の支持を維持しておるのは不気味です。(「朝日」中野正志氏ご推奨のブログです「皇居の落書き」
http://blog.goo.ne.jp/nishidauritarou/e/9f15b442dc180c325983b6945b431fab

しかし、今回の騒動で、(かって小林氏も非難していた)政府の「有識者会議」の報告書の嘘がどんどん明らかになり、希望が出て来ました。第一、宮家を伴う「男系絶対承継」で、有資格者が増えすぎる弊害を防ぐために「皇族降下準則」まで「非公式」に整えていたのを引っ張り出し、その「内規」を持ち出して「旧宮家は既に庶民」と言いながら、一方で「男系承継は先細り」とは、まともな人の言うことではありません。

元気様の仰る通り、今だからこそ我々国民は御皇室の事を(多少は政治的な意味合いも含め)知り、崇敬の念を新たにすべきと思います。また、今上陛下は、その公務を含めた言動(特に親王殿下の方々との交流)を通じて、我々臣民に道をお示し下されているやに思います。特に、新田均先生のブログにもある、親王殿下のご誕生にご叡意を感じるという当然の感情と、また、これらと反対に、東宮妃殿下と内親王殿下ご自身が抱えておられる前記似非エスタブリッシュメントの意図の不純さ(と取られても仕方の無い事象)の見え隠れ。

臣民としての「恥」の自制と自律を厳しくし、全ては伝統の原点に立ち返るべきと思い、日々(謹んで)努力して参ります。貴重な助言をいただき重ねて御礼申し上げます。

今後ともご健筆を期待しております。
by Real-Kid (2010-07-28 06:37) 

元気

Real-Kid さま。

情報をありがとうございます。

「皇居の落書き」
なんとも… これが日本の現実であるとすると、気持ちが滅入ります。
けれど、滅入らせることが目的だと考えれば、滅入っている場合ではない。
そう、思います。

オウンゴールに励む似非エスタブリッシュメント(?)に翻弄されないようしたいです。
by 元気 (2010-07-30 10:24) 

manami

小林氏が125代続いてきた男系の皇統をこれからも何とかつないでいきたいと考える人たちに向かって男系絶対主義者だとかカルトだとか罵ることはとてもおかしなことだと思います。それだと、日本の国体自体もカルトになってしまうのでは?

小林氏は、現在の皇室典範で当然皇位継承権のある悠仁親王殿下を差し置いて愛子内親王殿下を皇位に就けるべきだと主張しています。その根拠が全くわかりません。悠仁親王殿下が存在ししている限り、悠仁親王殿下の御代までは男系の皇統が守られことは保証されているわけです。
悠仁親王殿下がご成婚され男子の継嗣がご誕生になることは可能性の問題として十分あり得ます。さらに、男子が数人生まれることも希望的観測としてもあり得ることです。そのような明るい展望を持つことが何故否定されなくてはならないのでしょう。
小林氏は、このような明るい展望を持つことを拒否しているのです。何故か雅子様崇拝であり、愛子様はかわいくて国民に愛されているから天皇のにしてやりたい、そのための国民運動を起こしたいという動機のわからない情念に動かされています。
皇室典範まで改悪して、愛子様を悠仁親王殿下に先順位で天皇に尽かせることは、国内を二分することになり、大変な禍根を残すことになります。

「愛子様はかわいいから、天皇にしてあげたい」(真意は他にあるのかもしれない)そのような迷妄に振り回されるのはご免被りますわ。
by manami (2010-08-03 15:08) 

元気

manamiさん、こんばんは。

まったくもって同じ感慨を持っています。
迷妄に振り回されるのはご免被りたいです。
振り回される人が増産されるのを見ることもご免被りたいです。

降りかかった火の粉は払わねばなりません。
日本の国体・国柄に関する重大事ですから、対岸の火事ではないのですよね。
迷惑ではありますが、これを機会に関心を持ち、正しく知られる人が増えることを願わずにはいられません。
by 元気 (2010-08-07 00:23) 

NO NAME

こりゃ小林もテレビと仲直りするかな。
天下国家、公を説きはじめてから
サヨクマスコミの攻撃、無視にあって来た小林だが
皇室転覆ならマスコミもとまたタッグを組むだろう。
厄介な話しだ。
by NO NAME (2010-09-02 03:56) 

雪

小林は自身の漫画キャラをパチンコに売り飛ばしている時点でダメだと思う。


by 雪 (2010-09-02 09:15) 

山手

初めてコメントさせていただきます。
これはよしりんダメですね・・・。
渡部さんが凄く分かりやすいところから
議論をスタートさせようとしているのに、
専門的になってしまうから答えないとか・・・。
どれだけ読者をバカにしているのかとwww
あと渡部さんが誹謗中傷をしないように議論しましょうと
大人な態度を見せているのに、
「あなたは駄々っ子じゃなければカルトだ!」って・・・えぇーー!?
神武天皇から続いてきた慣習を尊ぼうとしてる全員が
カルトになっちゃうじゃないか、オイwww
すり替えで逃げちゃダメな問題ですよねこれ。
んー、よしりん嫌いじゃないんだけどなあ・・・。
by 山手 (2010-09-03 16:42) 

manami

「will」10月号で、小林氏は、渡部先生に対する個人攻撃を始めました

渡部先生は男尊女卑の権化だとか。とんでもない話です。渡部先生は、先に田中真紀子を総理大臣候補に挙げていました。これは先生には珍しい判断ミスでしたが、今も稲田朋美議員を日本のリーダーとして推しておられます。男尊女卑の人間が女性議員を総理候補におす訳がありません。

先生持論の男系でなければいけないという「種と畑」の話も、卑俗に言う、種(男)が優れ、畑(女)は従だという話ではないと思います。弥生時代の前には8千年とも1万年ともいわれる縄文時代がありました。その縄文時代から既に日本民族は農耕生活を始めていたということが明らかになってきています。縄文、弥生を通じる一万年にわたる農耕生活の中で、種と畑の関係を先人は知っていた。即ち、稲はどんな畑に植えても稲だが、畑は、稲を植えれば稲、麦を植えれば麦、セイタカアワダチソウを植えればセイタカアワダチソウが育つそのことを身にしみて知っていた。そういう知識・文化の蓄積が男系の皇統の基礎にあるのではないかという先生の推定はごく自然に受け入れることができました。

いずれにしても、先生の質問にはまともに答えず、連載漫画を武器に個人攻撃を始めるとは軽蔑すべき最低の人間だと思います。
by manami (2010-09-06 14:17) 

元気

小林氏は、「男尊女卑」を排斥し、排除するために女系天皇を認めよという論の展開をしたいようです。
そして、小林氏に対する疑問・異論は、無知である証と捉えるようです。
まさしく、裸の王さま状態です。

小林氏の論の展開、視点は、「ゴーマン」と自認するが故に価値のあるものでした。
本来、年齢(経験)を重ねるということで、思想の柔軟さを増すことも可能なのですが、あまりに頑迷です。
どうやら、(学者や思想家を)利用するつもりが利用される状態。ミイラ盗りがミイラになるつつあるのかも知れません。

謙虚さや誠実さは、思想を発展させる上で不可欠なものです。
今の小林氏に足りないものは、その謙虚さと誠実さです。
そのことが、私も、とても哀しいです。
それは、「ゴーマン」 をかましながら、その熱い心には、誠実さと謙虚さが有り、その心ゆえにファンの一人であったからです。
by 元気 (2010-09-07 16:59) 

元気

NO NAME さま、こんにちは。

>皇室転覆ならマスコミもとまたタッグを組むだろう。
厄介な話しだ。

浅慮から利害が一致すると考え、利用するつもりで利用される。
最終的には、知名度を増し、本が売れ、会社が潤えば致し方ない。
それも苦渋の選択だった。と、開き直るのかも知れませんね。
厄介な話です。
by 元気 (2010-09-07 17:05) 

元気

雪 さま、こんにちは。

私は、パチンコに売ろうがそれも商売のうちであり、会社の運営には致し方のないこと。
そのように考えておりましたが、コトは、どうやら、単純ではなさそうです。
氏の場合、その言動・著作から、魂までも売り払ったとしか思えないからです。
よっぽど美味しいのかも知れませんね。
ヤメラレナイのかも知れません。

誠実さや謙虚さが麻痺すれば、暴走するのは自明の理です。
そう考えれば、パチンコ云々の批判も理に適っていた気がしています。

by 元気 (2010-09-07 17:10) 

元気

山手さん、こんにちは。

私も嫌いじゃないです。
キライになりたくないです。(涙)

やんちゃな人ほど魅力的です。
けれど、彼は、良い大人なのですから、影響力のある方だけに、その愚かさを残念に思います。

渡部氏だけでなく、読者をバカにしています。
それだけでなく、皇統という文化を守る立場の人々を貶め、皇室さえも貶めています。

>どれだけ読者をバカにしているのかとwww
>すり替えで逃げちゃダメな問題ですよねこれ。

本当に、その通りです。
都合の悪い疑問(質問)には答えず、持論を繰り返すのみ。駄々っ子ですね。
なんにしろ、100回繰り返しても間違いは間違いです。
我々読者は、毅然とした態度をすべきですね。
(編集部への抗議と不買ですね。私は購読契約更新しません)

キライじゃないからこそ、ファンだったからこそ、猛省を促したいです!
by 元気 (2010-09-07 17:22) 

元気

manami さん、こんにちは。

>先生の質問にはまともに答えず、連載漫画を武器に個人攻撃を始めるとは軽蔑すべき最低の人間だと思います。

最低(レベル)の人間に成り下がっても恥じることがない。
もしくは、自分が何をしているのか分かっていない。
周りに叱責する人はいないのでしょうか。
そういう人は、遠ざけているのでしょうか。
もしくは、もともと、最低の人間だったのでしょうか。

本日、『SAPIO』 最新号が届きました。
「男尊女卑」 というスリコミで女系公認へと動いているようです。
奇しくも、昨日は、悠仁親王殿下の4歳の誕生日でした。
悠仁親王殿下がいらっしゃいますのに、何故に女系。何故に愛子様なのか。
国民が愛子様を望んでいるなどと、陛下の御心を忖度するのと同じように、国民を忖度して憚らない。
ゴーマンが過ぎます。

氏が、なぜ、男尊女卑と絡めて女系を公認とするのか。
氏の思考は、冷静さを欠いているとしか思えません。

それに、古来より、日本ほど女性を大切にする国はないくらいです。
まるで、どこかの国の人に吹き込まれた情報を鵜呑みにしているかのようです。

日本は悪。女性は虐げられてきた。
まるで、同じ考え方のように思えてなりません。
行くつく先は、日本の国体の破壊です。

by 元気 (2010-09-07 17:40) 

新・エセ保守監視小屋

小林よしのりは本来は民主党と同じく反日極左思想の持ち主且つ反日左翼の一員です。小林が元は左翼であったことは自身も認めており、実際に左翼雑誌『週刊金曜日』で執筆したこともあります。

小林の左翼化は既に米同時多発テロ事件直後に現れており、そこら辺については『エセ保守監視小屋』というホームページに詳しく書かれていますhttp://esehoshuwatch.hp.infoseek.co.jp/。同ホームページには小林がアメリカとの同盟維持を求める保守を“ポチ保守”とレッテル貼りしたり、拉致被害者家族を中傷したり、「日中友好のために首相は靖国参拝」するなと暴言を吐いたりと左翼に“先祖帰り”する様子が克明に描かれています。特に“ポチ保守”とレッテル張りして中傷する姿は今回の女系天皇を巡る問題で男系論者をレッテル張りして中傷するのと瓜二つです。『エセ保守監視小屋』の管理人が指摘している通り、平成16年にイラク三馬鹿を擁護した時点で小林は保守言論人として死んでいると言っても過言ではないでしょうhttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/3408/newskyushi.htm

そもそも小林の過去の言動や背後関係を吟味してみますと奴が如何に胡散臭い人物であることが分かります。
小林は北朝鮮と交流関係の深い在日似非右翼一水会(頭首の木村三浩や鈴木邦男は北朝鮮を頻繁に訪問する等、同国の熱烈なシンパであり、朝鮮総連とも関係が深い)の講演会に頻繁に出演し、顧問を務める等してズブズブの関係を持っています。それだけでも小林の胡散臭さが垣間見えますが、そればかりではなく過去には在日朝鮮人団体の広告塔として働いていました。このことは2チャンネルで取り上げられていましたがそれを張り付けておきます。

「在日韓国人・朝鮮人が民族の誇りを持ち、あくまでも在日として、
国際社会に貢献しようとする試みは、単に祖国統一の呼びかけにとどまらず、
日本において、未だ不安定な、自らの地位を確固たるものにすることにもつながるだろう。
ごーまんかましてよかですか?
わしは、前向きに闘う人間を応援する時、つい肩に力が入る。
このカタコリア、ニャンコリア?まさか、チュウコリア?
そうとも、ワンコリア!!」 http://esehoshuwatch.hp.infoseek.co.jp/temple.htm

もう一つ見過ごせないのが小林と部落解放同盟との関係です。小林は解同ともズブズブの関係を持ち、連中を美化し持ち上げ、意見の垂れ流しを行いました。『同和利権の真相3』でこのことを非難されると小林はパチンコ騒動と同じく逆切れして見苦しい言い訳をしていました。

小林が拉致被害者家族を攻撃し、人権擁護法案に当初は沈黙していたのも明らかに親在日・親同和が原因だと思います。そもそも小林の出身の福岡県は在日・同和の巣窟でしたさらに小林の父親は自身が『昭和天皇論』で書いているように共産主義者でしたが、これに関して渡部昇一の興味深い分析があります。渡部によると、日本共産党の大部分は在日や同和で占められており、反日思想の原点も連中に辿り着くとされています。小林の極左思考の原点は正に、これらの出生環境や背後関係にあります。また上記のことを考えれば小林自身が在日である可能性も高いです。以前、同じ福岡県出身の谷亮子のドス黒い背後関係が話題となりましたが、小林のドス黒さは谷とは比較にならないものです。

小林が最近、極左政権である民主党管政権をやたらと評価しているのも同じ極左思考の持ち主だからでしょう。事実、民主党政権と小林には共通点が多いです。

1.民主党は東アジア共同体を推し進めようとして日本を中共に売り渡そうとしていますが、小林も日本は中共と南鮮と連携してアメリカに対抗しろと吐いたことがあります。

2.民主党も小林も反米思考の持ち主で沖縄から米軍基地を無くそうとしています。最近、小林は米軍の沖縄基地を巡る問題で鳩山を礼賛しましたが、「エセ保守監視小屋」の管理人が指摘する通り、小林の沖縄の米軍基地を巡る思考は左翼の思考そのもので中共を利するだけですhttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/3408/news.htm

3.そして最後に民主党が推し進めようとしている人権擁護法案と在日外国人への参政権貸与を巡る問題ですが、小林は前者について当初は黙認する姿勢を取ったことは前にも述べましたが、後者に関しても過去に要因する発言をしていました(『ゴーマニズム宣言7巻』)。この悪法を積極的に推薦している在日・同和と深いパイプを持つ小林ですが、民主党の支持母体となっているのも在日・同和勢力です。

長々と駄文を述べましたが、小林が民主党と同じ極左思考の持ち主であるとすれば国体を崩壊させかねない女系天皇を容認しても不思議でもありません。むしろ当然だと思います。特に同じ左翼思想を持つ小和田一族には、より一層のシンパを感じたのではないのでしょうか。再び渡部昇一の話に戻りますが、渡部によると同和や在日が占める日本の左翼が最終的に目指すのが皇室の解体であり、その手段が女系天皇だとのことです。小林には皇室を破壊する意図は皆無だと思います。しかし、皇室崩壊を目指す連中に意見を吹き込まれながら生まれ育ち、現在でもシンパを持っているようでは皇室崩壊に至る女系天皇を容認するのは必然でしょう。

最後に小林が女系天皇容認として根拠を挙げる、皇室の祖・天照は女神だから日本の皇室は女系であるとの論理は完全に破綻しています。何故ならば天照は本来は男神である可能性が高いからです。“天照=男神説”はそれなりに根拠がありhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%A4%A9%E7%85%A7%E5%A4%A7%E7%A5%9E、古くは江戸時代から現代に至るまで学会で真剣に論じられています。どうやら天照は本来は男神であったのが7世紀の女帝出現の影響を受けて急遽女神に変えられたのが真相だそうです。天照が本来は男神であるなら我が国の皇室は最初から男系であり、小林の論理が破綻しているのは一目瞭然です。
by 新・エセ保守監視小屋 (2010-09-08 22:12) 

manami

小林氏の渡部昇一先生に対する個人攻撃([will]10月号)で小林氏は取り返しの付かぬミスをしてしまいました。

渡部先生の著書の一節「文化系の学者は、毎日学校の研究室に行きません。自宅の書斎で仕事をします。だから、家事に手を染めてしまうと思想や読書の時間を削ることになります。それは、一種の汚職ですから、一切やらないことにして、カミさんに任せた。」をとらえて小林氏曰く「所詮家事は卑しい仕事で女にやらせておけばいいと言う観念がなければ「汚職」なんて台詞は間違っても出てこない。」とご託宣を垂れている。
なんと「汚職」という言葉を文字通り汚い仕事と、とらえているのだ。
渡部先生の言っている「汚職」は通常使われている刑法上の汚職という意味だ。自宅の研究で、給料をいただいているのだから、その給料をいただいている時間を研究以外の時間に割けば給料泥棒即ち「汚職」になるという意味だ。中学生の国語力を持っていればそのように読める。
個人攻撃のために揚げ足をとろうとするから、このような恥ずかしいミスをしちゃう。

よしりんさん、もうやめようよ。
私も昔は尊敬していた。すくなくも、男らしいところがあったから。
by manami (2010-09-09 09:30) 

masa

元々、小林氏は胡散臭い人物なのではと思っていますが本当にそのようですね。彼のゴマ宣に賛同している車輪さん(?)も最近同様の傾向ですし・・・。
>>まさしく、左翼の方々のやり方です。
相手の言い分を聞かず、真っ当な話し合いをする意思はなく、相手を愚弄する。
すべての左翼の方々がこれに当てはまるわけではないと考えますし、さすがにこれに該当するとしたら新左翼しか当てはまらないと僕は思います。
by masa (2010-09-09 18:49) 

元気

新・エセ保守監視小屋さん、おはようございます。
詳細で、分かりやすい情報をありがとうございます。

一つだけ、お伺いしたいことがあります。

>天照は本来は男神である可能性が高いからです。“天照=男神説”はそれなりに根拠があり…

古事記は、お読みになりましたか?
もちろん、分かりやすい言葉で書かれているもので十分です。

神が島を生み、神を生み、排泄物・分泌液、、身につけていたモノからも様々な神が生まれています。
(本当に、八百万の神ですね)
さらには、(互いを愛する心ゆえに)イザナミ(女神)は、一日千人の人を殺し、イザナキ(男神)が千五百の人を生むようになりました。
神とは、一人でも生むことが出来、二人でも生むことが出来る。そのような存在のようです。

さらに、イザナミの驚くべき姿を見て逃げたイザナキ(男神)が禊で清めた際に鼻から生まれたのがスサノオです。
けれど、スサノオは、お母さんはイザナミ(女神)だと主張し、イザナキ(男神)は、イザナミに会いに行きたいスサノオを国から追い出します。
が、スサノオのことを「なんと心根の優しい子だろう」 と愛おしく思います。
そして、逃げてきたにも関わらず、イザナミ(女神)の元に参ることを決めるのでしたよね。

スサノオは、清めた鼻から生まれましたが、天照は、左目から生まれました。
天照は、皇室の祖神(皇祖神)の一柱に過ぎないのではないのですか?

男であるから尊いとか、女であるから卑しいとか。
男尊女卑のような概念が古来より引き継がれているとは、私は考えておりません。
そういった男尊女卑の概念は近代の産物のようにしか思えないからです。
男も女もどちらも尊い存在です。
どちらが上とか下とかではないと思います。
まさしく、古事記の最初の国生(産)みのように、
「欠けたところと余っているところが一緒になった結果」
だったはずです。
先にイザナミ(女神)が声を掛けて生まれた子は骨のない子でした。次も子どもとはいえないものだった。
それで、占いの結果(!)、イザナキ(男神)が先に声を掛けることにして(ちゃんとした)子供が生まれたことになっています。
先に、女神を賛美する言葉をかけるのが男神であること。
これは、男尊女卑とは、いえないと思います。
(男神の賛美が後になっているのですから)

女性を大切にし賛美することが男尊女卑になるとは…
随分と歪な考えに思えるからです。
神は、男神であれ、女神であれ、生む神です。
天照が女神であろうが、男神であろうが、そのことと皇統が関係するとは思えません。

皇統は、男系であることが伝統です。
結果として続いて来た伝統を今の合理主義のような論理で壊すことには賛同できません。
皇室典範や大日本国憲法がどのようなものだったのか。
それらの論理を棚上げしたまま、たかだか戦後65年で、神代から伝えられる伝統を反故にすることには賛成出来ません。
そのことを目論むのは誰なのか。
そのこと(伝統を壊したい人々の存在)こそ考えねばならないと思います。

皇統は、男系と決められていた大日本帝国憲法。
それを戦後の占領下で改正限界を超えて日本国憲法を制定したこと。
このこと(基本)を論じず、戦後(たかだか65年で)勝手に更に改正しようなどと…
愚かであると思えてなりません。

小林氏は、ご自分がされていることの自覚があるのか無いのか。
存じませんが、卑怯であり、愚かであることだけは確かです。






by 元気 (2010-09-10 10:32) 

元気

manamiさん、おはようございます。

小林氏は、相当の男尊女卑思想の持ち主なのかも知れませんね。
自分では、女性に優しいと勘違いされているかも知れませんが、それは優しさではありません。
女性には敵わないと知りながら、女性を馬鹿にしているからです。
彼の女性への評価基準が姿かたちの美醜や能力である限り、女性だけでなく、人の本質を知ることはないと思います。
渡部氏を評論する視点もそうです。
どう取り繕っても、小林氏の限界なのかも知れません。
本質を知ることは、難しいのかも知れませんね。

天皇陛下が何故に尊い存在なのか。
その本質を見誤っているから、昨今の論になるのだと思います。
残念な人というより、影響力が大きい分、害悪も大きいと思わずにはいられません。
本質を見れない人々には、受け入れ(理解し)やすい論だからです。

「中学生の国語力」 云々というよりも、
大人であるのに、大人の良識を持たない方ですね。
国語力以前に、人間力(?)の低い方です。
by 元気 (2010-09-10 10:43) 

元気

masa さん、おはようございます。

新左翼なのか、真左翼なのか、カタカナのサヨクなのか…
定義も大切ですが、伝統を壊してまで護りたいものとは何でしょうか。
おそらくは、自我なのでしょう。

私は、伝統を壊すことに躊躇のない人々を左翼(あるいは、サヨク)と考えています。
もちろん、伝統を守る目的で、自我を壊すことを主張しているのではありません。
自我を抑えてでも、他のために尽くす。次の世代のために力を尽くす。
それが、美しき大人の務めであると考えているだけですす。
人は、大人の年齢に達したならば、やはり、大人になりたいものだと考えています。
難しいからこそ、務め続けたいものだと考えています。

by 元気 (2010-09-10 10:50) 

どーも

小林さんはご自身の意識の強さに陶酔し1人で突っ走ってしまう様な所があると思います。ただ、女系天皇を認めるべきだと言って天皇家を貶めようとしているわけではないと思います。最新号のWiLLにも渡部昇一氏の反論が載っていますが我々は冷静な目で客観的に見られる第三者でありたいと思います!(b^ー°)
by どーも (2010-09-30 22:14) 

元気

どーもさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

>女系天皇を認めるべきだと言って天皇家を貶めようとしているわけではないと思います。

結果として、そうなることに気付いて欲しいと思います。

>新号のWiLLにも渡部昇一氏の反論が載っていますが我々は冷静な目で客観的に見られる第三者でありたいと思います!(b^ー°)

日本国民であるなら、当事者です。
先人から受け継いだ伝統を後世に引き継ぐことは、大切な務めであると考えています。

by 元気 (2010-10-01 00:11) 

元気

小林氏は、11月号で、民主党の広告塔になることを決めたかのような漫画を描いておられます。
菅氏には期待出来るとし、ゆえに、民主党に期待しているそうです。

品性の下劣な方に関わることの不毛さを感じずにはいられません。

本日届いたSAPIOでは、欄外で産経新聞を馬鹿だとこき下ろしています。
男系支持の論陣を張ったことが理由だそうです。
その内、朝日新聞を褒め称える漫画を描くかも知れませんね。
第38代・天智天皇の即位は、ジナ文明からの自立を明確にするためであり、女系天皇(斉明天皇)の皇位継承であると説いています。
天智天皇の父親は、舒明天皇であり、男系であるのも関わらず、です。
小林氏は、偉大な女性天皇であったから、中継ぎを男尊女卑ゆえの考えであると主張し、
女帝を排除する理由とはならないと結んでいますが、論理のスリカエをしているに過ぎません。
小林氏の男尊女卑観を男系絶対と批判する皇統に重ねて考えているに過ぎないからです。
そして、皇統を主張する人々はカルトであると決め付けています。
決め付けや断定、レッテル貼りをすることこそ冷静を欠く態度であることに気付いて欲しいです。

皇統を守ること、皇統の意味について、
先人から引き継いだものを後世に引き継ぐことの意味。
日本が日本である理由。国柄を知って欲しいと思います。




by 元気 (2010-10-01 01:22) 

NO NAME

小林さんの場合は客観的な事実とか冷静な議論とかはもはや問題外だと思います。

というのは、男系で引き継がれる悠仁親王殿下を差し置いて、皇室典範を改正しても愛子内親王殿下を皇位に就けようというプロパガンダをやっているからです。
渡部先生とまともに論戦しても勝てないことはわかっているから、土俵に乗る前に個人攻撃という卑怯な手をつっかても逃げようとしているわけです。
will11月号の渡部先生の公開質問第3弾を見ても戦う前から勝負はついているようです。
それにしても、中島岳氏に圧勝したあのときの小林氏はどこに行ったのでしよう。

sapio最新号も惨憺たるものです。
by NO NAME (2010-10-02 23:45) 

manami

名前を入れるの忘れていました。

sapio最新号は例の調子で、男尊女卑を声高に叫んでいます。女系天皇と女性天皇の区別さえしないで、プロパガンダにいそしんでいます。

こんなので騙される人もいるのだろうな。

男系皇統を主張する者は相変わらずカルト呼ばわりです。私もカルトか
by manami (2010-10-02 23:56) 

渡辺

・小林氏の論で唯一論ずべきことは、男系にこだわると天皇家が続くのか、ということですね。

側室が持てないですから、確かにその心配は将来においてはありうと思います。

・ただ、これまでの天皇家は男系でした。
 どんなに後継ぎがなくなっても、血筋が遠くなっても細々とであっても、ただ一筋の男系でつないできました。それが天皇家の正当性でした。例えば継体天皇などそうですね。今までの日本人の意識では、女系はどんなに血が濃くても天皇家の家系ではなく他家の家系だとされてきたのです。

・保守の方でも、小林氏のような感覚が出てきたということは、日本人全体の感覚が変わったのだと思います。日本人にとって天皇家の意味合いが変わったのかもしれないと感じました。125代目で・・・。

女系という感覚は、連綿と続いた天皇家の日本的な特殊性はなくなって、もはや英国の王室みたいになってしまうかもしれませんね。
by 渡辺 (2011-03-05 22:36) 

元気

渡部さん、こんばんは。

最近出た本で、『日本は憲法で滅ぶ』 というのがあります。
ぜひ、お読みください。

記事にもアップしたいのですが、なかなかまとまった時間が取れませんので、
なので、手短に、コメント欄で書かせていただきます。^_^;

>女系という感覚は、連綿と続いた天皇家の日本的な特殊性はなくなって、もはや英国の王室みたいになってしまうかもしれませんね。

憲法の正統性についてを含めて、
日本人が知らねばならないことが沢山あります。

英国の王室は外国のことですが、日本の皇室は、我々の国のことです。
だから、知らなかったでは済まされないと考えています。

日本に噴出している問題のほとんどは、日本国憲法が原因です。
日本国憲法というからには、日本人が作った、日本の国体(国柄や文化、伝統)を踏まえて作られた成文憲法だと思いますよね。
けれど、違います。

人間の身体で例えると、様々な病気、症状が出ている状態。
それで、対処療法として、色々な薬を使ったり、色々な医者に治してもらおうとしている状態です。
薬や手術に相当するのが様々な法案であり、
医者に相当するのが政治家や官僚です。
けれど、根本を見直し体質改善しない限り、一時しのぎでしかなく、身体を損ない抵抗力を失っていきます。
根本を見直すことが憲法を見直すことにあります。
日本国憲法の改正は、危険な手術に相当します。
体力が無ければ、医者に技術が足りなければ命を落としかねません。

小林氏の論の展開の出発点は、皇室典範の改悪に起因します。
そして、皇室典範の改悪は、占領政策基本法といってもよい日本国憲法に起因しています。
全ては、憲法に起因しているのです。

そんことを一人でも多くの方に気付いていただきたい。
さもないと、身体を損ねるように、日本という国が損なわれる。
亡国への道を歩むしかないからです。

by 元気 (2011-03-05 23:22) 

関口益照

このサイトの責任者の実名が判らないのが残念ですが、論旨には基本的に賛同します。

更に言えば、私は予てより、渡部昇一氏の見解に同感であり、その見識と勇気に敬意を抱いてきました。
氏がTV番組から消えたのが、いつの頃からだったか記憶していませんが、馬鹿馬鹿しくなって降りられたのか、反日主義勢力から危険視されて降ろされたのか存じませんが、氏の正論を直接耳にする機会がなくなってからは、TVを見るたびに血圧が上がるようになりました。

基本的には戦後のどさくさにまぎれて教育界からマスコミまでを支配し、コミンテルンや連合国の洗脳教育を未だに続けているゾンビ世代の終焉も近いと楽観していましたが、今回の大災害、特に福島原発での彼らの浅ましい姿を見て、すでに若い世代(団塊ジュニア)は気が付き始めているようです。

今まで、この種の匿名サイトとは一線を隔してきた私ですが、2年ほど前に、急性A型大動脈解離で死線をさ迷い、余命幾許もなくなったことと、記事を一覧して賛同する所が多かったことから、あえて投稿させていただきました。

なお、私へのご意見があれば下記のサイトのメールアドレス宛、実名を明記の上お送りください。
匿名の投稿やメールは、一切受け付けませんのでその旨、ご承知置きください。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sekiguchi_prof/index.html
by 関口益照 (2011-04-15 17:19) 

元気

関口益照 さん、こんばんは。

今の世の中では、本音のブログの運営において、
実名を曝すことの益よりも不利益が大きいと考えております。
my日本においてなら、その交流により、お会いすることもあるかも知れませんね。

>ゾンビ世代の終焉も近いと楽観していましたが、今回の大災害、特に福島原発での彼らの浅ましい姿を見て、すでに若い世代(団塊ジュニア)は気が付き始めているようです。

希望的観測による楽観は無責任です。
彼らは教育を乗っ取り、政治を乗っ取り、マスメディアを乗っ取りつつあります。
それらが怖いのは、大切な日本人の心を蝕むからです。
無関心と諦めが人心を支配すれば、日本は滅びます。
それは、戦中世代、団塊世代が先送りした問題(重荷)を後世に背負わすことを意味します。
今を生きている我々は、先人が命懸けで守った国柄、日本の心を取り戻し引き継ぐ責任を負っています。
保身のために責任から逃れるとしたら、浅ましい姿であると自覚せねばなりません。
GHQの意向で廃止された教育勅語を復活させねば、日本の再生は難しいと考えています。

>氏の正論を直接耳にする機会がなくなってからは、TVを見るたびに血圧が上がるようになりました。

ネットでは、動画で拝見することも出来ますし、
様々な講演会にも出席されておられるようです。
TVでは、スポンサーやTV局の方針もあるでしょうし、
都合よく編集された番組を見るくらいなら、いっそのこと出演なさらない方が良いかも知れません。
様々な本の出版も(監修含めて)されておられますね。

最近では、『日本は憲法で滅ぶ』 が秀逸です。
日本人は、日本国憲法に込められたもの(呪縛)から抜け出さねばなりません。
元のまともな国の在り方を取り戻さねばなりません。

 ---------

「日本が元のまともな国に戻るには、今後百年はかかるだろう」

これは、イギリスの元首相チャーチルが大戦直後に言った言葉だそうです。

『日本人として知っておきたい近代史』 中西輝政(著)
最終章、p236に興味深い記述がありました。

~~~~~~~~~~~~~
日本人には気の毒なことをした。
たいした罪もないのに、日本という国をメチャメチャにしてしまった。
これだけの大大戦を経験したのだから、日本が元のまともな国に戻るには、
今後百年はかかるだろう。
~~~~~~~~~~~~~

元のまともな国とは…
独立国であり、主権の存する国家であり、戦争や戒厳令に対応出来る政府です。
先人から引き継いだ国体を護るための秩序と後世に引き継ぐための歴史の重を誇りとする国民の国です。
65年ほどが経ちました。
あと、35年で100年になりますね。

100年はかかる。

と、言ったのですから、あと、35年くらいでは無理かもしれません。
私が生きている間には無理かも知れません。
けれど、出来ることを淡々とするしか無いと考えています。

---------------------------------------

チャーチル繋がりで、
ウィキから、日本人が心に刻みたいチャーチルの言葉も転記しておきたいと思います。

○悲観主義者はすべての好機の中に困難をみつけるが、
  楽観主義者はすべての困難の中に好機を見いだす。

○成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである

○お金を失うことは小さく失うことだ。名誉を失うことは大きく失うことだ。
  しかし、勇気を失うことは全てを失うことだ。

○成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。
  大切なのは勇気を持ち続けることだ。

○過去を遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう。

勇気を失わず、慈しみの心を忘れず、現実を直視して、
日本を元のまともな国に戻すために出来ることをしたいと思います。

by 元気 (2011-04-15 23:29) 

関口益照

行動しないのは無責任だと仰られても、先の投稿で申し上げたとおり、2年ほど前に、急性A型大動脈解離で大手術をやり、未だにその後遺症で心身の自由が利かない状態では、そうも行きません。この病気の後遺症がどれほどのものか此処で解説してもご興味がないでしょうから、右手の一本指で、一回の投稿に何時間もかけて、death message の心算でブログを書き続けているとだけ申し上げておきます。
とても匿名の方とこれ以上意見交換をする余裕はありませんので、ご異議があるなら私個人宛のメールを下さるか、それがあなたの匿名主義に反するなら、前回の投稿; by 関口益照 (2011-04-15 17:19) の削除をお願いします。
by 関口益照 (2012-01-30 11:51) 

元気

関口益照 さま

>行動しないのは無責任だと仰られても、先の投稿で申し上げたとおり…

9か月ぶりですね。
コメントをありがとうございます。
コメントを下さったおかげで、この記事を読み直すことが出来ました。
とてもありがたく思います。

異議ございません。
どうか、お身体をお大事になさって下さい。
by 元気 (2012-01-31 14:36) 

q

男系継承派をカルト呼ばわりとはまるでネット保守の人をネトウヨと呼ぶが如く、あさましい反日勢力の手法「レッテル貼り」である
朝鮮玉入れ違法賭博に魂を売った男の末期症状といったところか
もうこの男の言うことには耳を貸さないほうがいい
by q (2014-11-29 10:29) 

元気

qさん、はじめまして。
古い記事へのコメント、とても嬉しく拝見しました。

小林氏も歳をとった(もうろくした?)んでしょうかねぇ。
レッテル貼りや決めつけを繰り返すようでは、そう思わざるをえませんが…
利害(違法賭博に魂を売った)でしょうか?

カネやモノ、オンナ…
名誉(権力欲?)にも動かされない…
大和魂を思い起こして欲しいと思います。

by 元気 (2014-11-29 15:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。