So-net無料ブログ作成

国旗の重み ~サマーワ市民と自衛隊員~ [草莽崛起]

■国旗の重み ~サマーワ市民と自衛隊員~■


イラクでは噂が伝わるのが速い。

2004年12月14日の自衛隊の派遣期間が終わりに近づき、またロケット砲が打ち込まれると、
「自衛隊は帰るの?」 という懸念が瞬く間に広まった。
すると、140人の老若男女からなるデモ隊が、「日本の支援に感謝する」 と自衛隊宿営地に詰めかけ、
口々に、「帰らないで欲しい」 と、懇願した。

それと同時に、「自衛隊の滞在延長を願う署名運動」 が展開され、
2日間で1500人の署名が集まった。
実は、感謝デモはこれで2度目だった。

4月に2度、自衛隊宿営地そばに迫撃弾が撃ち込まれると、
サマーワ市民による、100人規模のデモ行進が行われた。

スローガンは、「日本の宿営地を守ろう!」というものだった。
前代未聞のデモだった。

英米オランダ軍も驚いて、自衛隊に矢継ぎ早に問い合わせをしたほどだった。

ところで、どうして、こんなことが起こったのでしょうか?

イラン人と自衛隊員の信頼関係はどうやって築かれたのでしょうか?

その答えのヒントとなるいくつかのエピソードを、ごく一部ではありますが、紹介させて下さい。

2004年1月26日。
番匠幸一郎一等陸佐が率いる復興支援の本隊・第一イラク復興支援軍がサマーワに到着した。
装甲車両には、色鮮やかな日の丸が描かれていた。
また、隊服の右胸、左袖、背襟下にも遠目でもよく目に見えるほどの日の丸をつけていた。
多国籍軍からは、

「これでは、『撃ってくれ』 と言わんばかり。お前らはどうかしてる」

と、忠告されたが、イラク人に、「自分たちは日本の自衛隊」 であることをアピールしたかったからだ。

サマーワに着くと、番匠一佐は、現地の人々に繰り返しこう語って理解を求めた。
我々は、あなた方の友人としてサマーワに来た。
我々日本人も、60年前の先の大戦で敗れ、国土は焦土と化した。
すべてが無に帰し、食料にも困る日々が続いた。
そんな廃墟の中から、私たちの祖父母、父母の世代は立ち上がり、大変な努力をして、日本を復興させた。
そして、その結果。いまや世界第2位という日本を築き上げることができた。
メソポタミア文明という人類にとって偉大な歴史を有するあなたたちイラク人は偉大な国民だ。
あなたたちに同じことができないはずがない。
我々は、友人として、あなたたちが立ち上がるお手伝いにきたのだ。

イラク人にとっては、日本は同じアジアの国である。
さらに自分たちと同じようにアメリカにやられた国だという意識があったようだ。
その日本から、「友人として助けに来た」 という番匠一佐の言葉は、イラク人の心に響いたに違いない。

宿営地には、建設中の段階から、外国の軍人たちが表敬や見学のために訪ねてきたが、
彼らが一様に驚くのは、イラク人作業者たちが、夕方になってもまだ働いていることだった。
外国の宿営地でも雇っている作業者たちは、3時、4時になると仕事が途中でも帰ってしまう。
夏場には、60度にも達するのだ。それは無理もない。

外国の場合は、イラク人作業者に作業を命ずると、彼らだけを働かせるのだが、
日本では、幹部自衛官でも、彼らと一緒になって、ともに汗を流した。
宿営地の鉄条網整備の際には、日本人2、3人とイラク人7、8人がチームを作り、
有刺鉄線に服はボロボロ、体中、血だらけ汗だらけになって作業を続けた。
昼食は分け合い、休み時間には会話本を指差しながら、仕事の段取りについて話しあう。

いったん意気に感ずると、とことん尽くすのがアラブの流儀だ。

就業時間の5時を過ぎても、まだ隊員と一緒にブルドーザーに乗って働いているイラク人の作業者もいた。
イラクの人たちの信頼は厚くなり、
「そこは日本にやってもらいたい」 という要望がどんどん増えていきました。

少し長くなりましたが、自衛隊員がどうやってサマーワ市民との信頼関係を築き得たのか。
だいぶんご理解いただけたのではないかと思います。
最後に、2004年1月16日、現地のサマワ新聞の記事を紹介して終わらせていただきたいと思います。

samawa1.JPG
samawa2.JPG
samawa3.JPG

 ------------------------------------------------------------

[猫]捏造記事で先人を貶めたり、自衛隊批判をするより、報道すべきことがあるはずです。
芸能やグルメ、セレブ情報も大切でしょうが、命がけの自衛隊活動も報道して欲しいです。
日本人らしさ。日本人の誇りに繋がると思うからです。

日本人で良かったと思えること。
日本からだけでは分からないこと、いっぱいありそうです。











nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

nice! 3

コメント 4

aneurysm

神戸の地震の時、散々お世話になった過去が
あるせいかもしれませんが、
自衛隊はクーデターを起こして当然なくらい
国内の扱いは酷く感じます。

危険なリスクを背負って働いてる方々を
何故、もう少し敬えないのかと。


by aneurysm (2009-12-18 21:29) 

元気

aneurysmさん、こんばんは。
私も同じ気持ちです。
自衛隊の方の気持ちに報いることなく、批判の目を向けることは恥ずべきことです。
この国に攻撃を加える国は無いと思えるほどノーテンキで、
海洋資源にも百海里問題にも無頓着では、
海洋国家としての危機感に欠けるノーテンキとしか思えません。
それは、とても、無責任なことですよね。だから、

自衛隊のみなさん。ありがとうございます。
あなたたちが居てくれるから、安心して眠ることが出来るのです。

そう、申し上げたいと思います。^m^

残念なことに、民主党政権になって、削減ばかりで、安眠も出来そうにありませんが… (>_<)

さて、有名なコピペらしいのですが、地震に関係する話を貼り付けて置きます。
-------------------------------------------

  2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
 その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

少女「あんたら地元の人間か?」
団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」
少女「で、何しにきたんや?」
団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」
少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
団体「・・・・?」
少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
   寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
   私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
   あんたらにわかるか?
   消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
   でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
団体は撤退。
彼女は門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。

by 元気 (2009-12-18 22:17) 

宮守回路

こんにちは。

日の丸を背負い、活動される自衛隊の方々を誇りに思います。

「トラスト・ミー」なんて言葉だけでは信頼できません。
自衛隊の方々は言葉と、それに伴った行動で信頼を得ています。
それなのになぜ、自国では批判され、予算までも削減されなければならないのか。
おかしいです。
本来ならば、「いつも私達を守ってくださってありがとうございます」と感謝の気持ちを持つべきところです。

仮に米軍が日本から撤退してしまったら、反日国が攻めてこないとも限りません。
憲法9条があるから大丈夫、で済むとは思えません。
そのとき実際に日本を守るのは自衛隊だと思うのですが・・・。

自衛隊の功績も草の根周知活動が必要ですね。
by 宮守回路 (2009-12-20 15:27) 

元気

宮守回路 さん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

>自衛隊の功績も草の根周知活動が必要ですね。

そうですね。
草の根でも、何でも、少しでも、広めていきたいですね。
大部分のマスコミや政治家は、揚げ足取りにばかり熱心です。
まるでお荷物や厄介者扱いでは、努力が報われないばかりか意欲さえ失いかねません。

日本の負の部分を一身に背負っていただいている気がします。
日本が背負うべき荷は、日本人全てで負わねばなりません。
自らの分まで負って下さっていること、気付きと感謝が必要であると思いました。

それにしても、アッパレです! 
同じ日本人であることを嬉しく思いました。^m^
by 元気 (2009-12-22 13:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。