So-net無料ブログ作成
検索選択

危機管理庁 [ニュース☆ヾ 何じゃらホイ?]

危機管理庁.JPG
   ------------------------------------------------------------

昨日記事にした 『民主党政策集の要旨…マニフェストの基』 で、
赤線も引かずスルーしてしまったけれど、危機管理庁って何ですか?
調べても出てきません。[たらーっ(汗)]

民主党のHPで、その創設についての記述があるのみ。
2003/05/13 有事関連法案の修正に関する民主党と与党3党との合意文書
http://www.dpj.or.jp/news/?num=10525

2003/05/13 【次の内閣】有事法案修正協議の執行部一任を確認
http://www.dpj.or.jp/news/?num=3881

どういうことをする、どういう庁なのか。具体的なこと分かりません。
言葉のニュアンスで、なんとなく分かるような気がしてスルーしたのですが、
なんだか気になる。どうも気になる。
それで、「危機管理庁」 で検索。
すると…
なんだか、怖ろしいモノが浮かび上がって来ました。[あせあせ(飛び散る汗)]

FEMA・災害救助庁 です。

自民党政権ならば、ありえないもの。平和な日本。善良な人々なら考えもつかないものです。
けれど、お隣の中国やその他の国では、危機管理として当たり前に考えられるコトガラ。
それは、政権を担う国家にとって(!)暴走した国民をコントロールするための機関。
会議で検討して決めるのではなく、総理大臣の権限で判断実行が行える機関。

そういえば、私も大好きなハリウッド映画とかでも出てきてました。
国家の存亡が危うくなったとき(まさしく危機時に)、大統領の決断でまさしく行われようとしていたこと。
その決断を回避するために、映画の主人公は必至に頑張ってたわけです。
その決断とは… 一部国民の抹殺計画。でした。
映画の主人公は、抹殺を回避するために奔走してました。
それは、細菌であったり、ソトからの侵略者であったり… でした。

中国(チベット、ウイグルを含む)では、ムラ一つ消えることもあるとか。
中央政府に反抗したり、意見を言ったりするムラは、ムラごと消えるとか。

それが危機管理庁の役目、でもあるんですね。
ムラでなくても、イエでも、ヒトでも、ソシキでも同じですね。
国家に背くヒトは、危機管理庁によって排除の対象になる。
まさしく、国家の存続を危うくする存在とみなすわけです。
実際に、国家を危うくするかでなく、そうみなされるヒトが対象となるでしょう。
ちなみに、その国家とは、国(祖国)ではありません。
その国家をたまたま支配している政党のトップ。そのトップにとって都合が悪いヒトかどうか。
国の歴史を貶めるとか、未来を危うくするとかではありません。
現政権を危うくする存在を危機と判断して排除することを含む機関ということです。

もちろん、本来の災害や他国との戦争回避に対する危機管理も行ってくれることでしょう。
ですが、危機は、災害や他国からの武力攻撃に限定されるものだけではありません。
まさに、内部からの崩壊。それは、大きな政府転覆の危機とみなされることになるのです。

自民党政権でうまくいかないから一度民主にやらせてみよう。
そんなことを考える善良な国民には、想像も及ばないことでしょう。
けれど、民主党のマニュフェストの基を見るだけでも、その危うさは経済面だけではないことは明白なのです。
経済破綻が目に見えているから詐欺だ!?

私は、失礼ながら、そんなことはどうでもいいと思います。
大切なことは、民主党政権が目指す国のあり方です。
根拠もなく、不安に陥っているのではありません。
人権侵害救済機関危機管理庁で統制される社会です。さらに、
○「恒久平和調査局」設置
○国立国会図書館法改正
○「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」
○永住外国人の地方参政権付与問題
も、マニュフェストの原案にあります。

さらに、さらに、
中国への傾倒。依存。自国防衛の削減。
国民への福祉の増大。国民負担の増大。
子どもの自虐史観的歴史教育の徹底。

これら民主党政権が目指すもの。そこに透けてみえるもの。
経済も破綻することは目に見えていますが、怖ろしいのは経済破綻だけでないのです。本当に怖ろしいことは、
国、日本人を変えようとしていることです。
抵抗など出来ない、より従順な日本人改造計画。
それが主たる目的に思えてなりません。

どうか、素直な目で、マニュフェストを見て下さい。
どういうマニュフェストか。
民主党の目指す国とは、どういう国なのか。

私は、怖ろしくてたまりません。
子や孫が、抑圧された生活を送り、労働が搾取され、労働が喜びとならない社会。
労働が懲罰となる社会が怖ろしいのです。

   ------------------------------------------------------------

軍隊の目的は自分の国の市民を殺害する事にある
政府のやる事に反対意見を持つ市民を殺害せよ.それが軍隊の仕事である。 軍隊の仕事は他国との戦争ではなく.自分の国の市民を.殺害する事にある。 米国アイゼンハワー大統領時代に.こうした戦略を立てたロックフェラー報告を元に.米国では市民殺害用のFEMAと呼ばれる軍隊が作られた。 これは1958年1月.大統領により採択された「国際安全保障―軍事的側面.隠れた戦争concealed wars」という文書であり.同一の部隊を米国の同盟国=日本等にも作るよう.合衆国大統領.国家安全保障局命令.第177=NSAM―177で命令が出されている。


米国にFEMA・災害救助庁という組織がある。
有事には大統領と議会の権限を「停止」し.裁判所の機能を停止し.全ての役所を支配下に置き.一般市民の財産を「徴収」=奪い取り.市民に「強制労働」させる=奴隷とする権利を持っている。 災害時には.行政経験豊かな大統領と閣僚が.指揮を取れば十分である。 行政経験が全く無い.FEMAに行政を動かす事が出来るのか? 選挙で選ばれていないFEMAのトップが.全権力を握る.これはクーデターである。 FEMAは.軍隊組織であり.マシンガンと戦車を持っている。災害救助にマシンガンや戦車が.必要なのか? 倒壊したビルの下敷きになった人を助けるために.大砲でも撃つのか? FEMAは.世界中の市民の身分証明書のコピーと顔写真.逆らう人間を入れる強制収容所と.毒ガスによる市民殺害のガス室.断首台.死体焼却施設を持っている。 FEMAは裁判無しで市民を逮捕出来る=裁判所の機能は停止され.それをFEMAが代替する。 独裁者FEMAに逆らう人間を裁判無しで.逮捕.処刑する.そのための強制収容所.毒ガス室.断首台.死体焼却施設である。 これは.ナチスの強制収容所の再現である。 FEMAの活動資金はロックフェラーから出ている。 かつて.ナチスのヒトラーの活動資金は.ロックフェラーから出ていた。 ロックフェラーの命令でFEMAを創立した.ズビグニュー・ブレジンスキーは.次期大統領候補コンドリーザ・ライスのブレーンである。


FEMA・災害救助庁
詳しく記述されている方を見つけました。
もしよろしければそちらにどうぞ。
国際金融家氏のブログより、「FEMA (フィーマ)」
http://kenziarase.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/1-1-abc3.html#comments


nice!(3)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 17

haji

元気さんこんばんは。いつもウチのブログに星やコメントをありがとうございます。

まず、元気さんの記事とトラバ先の記事の感想から。
人造国家アメリカでは、こういった組織もあり得るのでは?と思いました。

トラバ先の2から詳しく載っていますが、法律でしか、国民を統制できないでしょう、近代国家とやら、法治国家とやら、先進国とやらは(除く日本)。

特に移民国家のアメリカではその傾向は顕著ではありませんか?(集団での)和を重んずる日本では考えられないですが、人種から民族から価値観(これは自由とかか)から、宗教から生活習慣から。全く異なる人々が、自由を最高の価値観として、どちらかと言うと他人を蹴落としてでもいいからとにかく成功することが至上な(除く保守派)人々なイメージがあります。

日本では阪神大震災があっても他の酷い事件や同様に災害等があっても、和=集団内での規律等、を重視するし、それを妨げようとする者は嫌われる傾向が強いかと思いました。

つまり日本ではなじまない考えというか価値観というか、ですね、この危機管理庁とやらは(=FEMAでしょうか?)。
by haji (2009-07-26 20:55) 

haji

で、元気さんの記事に戻りますが、以下はこの「危機管理庁」とやらが=FEMAとします、具体的な説明がないとのことですので。

上に挙げたように日本ではこういった価値観はなじまない。日本は人造国家ではなく、脈々と続いてきた立派な歴史がある。確かに価値観は多様化してきてはいるが、表面的なものであり、根本的には「日本人は日本人(的考え方・価値観)」なのである、と断言できます。完全に全国民がそうとは言いませんが。帰化者や新規国籍取得者もおり、結婚等によって国籍取得した者やその子息等も居ますしね。

歴史をあらゆる角度から否定したがるサヨク。新自由主義や共産主義、社会主義等の人造の理想主義的であり、実質とかけ離れたイデオロギーを至上とする彼らの考えそうな事です。元気さんが仰るとおり、彼らは基本的に他人(国民)を信用していませんから。

逆に日本には昔から前提として他人や特に共同体で運命を共にする者(運命共同体)に対し、信用を置く。最近はもうだいぶ破壊されつつありますが(自宅に鍵すらしないで出かけられるとかもう田舎しか出来ないでしょう)。

by haji (2009-07-26 20:56) 

haji

まぁこれも含めて最終的には元気さんが仰るとおり、

>どうか、素直な目で、マニュフェストを見て下さい。
どういうマニュフェストか。
民主党の目指す国とは、どういう国なのか。

>私は、怖ろしくてたまりません。
子や孫が、抑圧された生活を送り、労働が搾取され、労働が喜びとならない社会。
労働が懲罰となる社会が怖ろしいのです。

これに尽きるのでは?ほかのサヨクや左翼イデオロギーの行き着く先は。共産主義国家(単純化しすぎかもしれませんが、上に挙げた新自由主義だの社会主義だの共産主義だのはみんな突き詰めればこの共産主義の亜種だと思っているので)という名の実質独裁国家が、サヨクや左翼イデオロギーの行き着く先なのですから。

徹底した他者不信用主義とでも言えましょうか。ジェノサイドやら“粛清”やらの多くが、これら共産主義等によって引き起こされているという歴史からみればそれも証明できるでしょう。

だからこの危機管理庁とやらは=FEMAと言ってしまえますね。民主党もいきなりこういった語句をぶち上げるならば、きちんと説明すれば余計な誤解?を招かないで済むのに。もう遅いけどwしない奴に限って「説明責任」だのというから始末に終えませんね。

麻生首相の「日本人を(底力を)信じる」との考え(やはり当たり前ですが日本人らしいです。日本人ならではですね)とは大きく異なりますね。当然我々もそういった価値観ですから、サヨクのイデオロギーが受け入れられないのも当然です。このお方はまだ日本の政治に必要ですよね。だからこそメディアや民主党は必死にこき下ろしますが。

by haji (2009-07-26 20:56) 

haji

まぁ自分は正直、日本は法治国家ですがそれを至上とは思っていませんし。ある程度の線引きの為には必要だと思っていますが。白黒はっきりしすぎると日本の社会では世間がぎすぎすしすぎるし。

「法律では~かもしれないが」と話し合い等によって色々と問題を丸く収めてきた経緯があるのでは?と思っています。それも大分、教育や、あくまでも法に則って対処する、とやる者の存在や、それを身の回りでも経験伝聞や“報道”等によって広く知られてきた・クローズアップされてきたことにより、大分壊されて来ていますが。

これ、とっても大事な事だと思っています。法など無くても、日本人は立派にやりくり出来た、して来たということ。
逆に御存知アメリカでは「ドライブスルーでホットコーヒーを頼んだらこぼして熱くて火傷した、警告文が書いていないからだ、訴える」

「ぬれた子猫を乾かそうと電子レンジに入れたら死んでしまった、ぬれた子猫をレンジに入れてチンしないで下さい」との警告文が書いていないからだ、訴えてやる」

…等々キリがありませんが、こういった文化です。とにかく何でも書いていなければいけない。なぜなら国民が異文化異民族等々の寄せ集めであり、「常識」の範疇がそれこそひとそれぞれだからですよね。日本も刻一刻とそうなりつつあるのが悲しいですが。「ゴネ得」「クレーマー」なんて言葉がメディアの喧伝等によって定着しつつある事が何よりの証左であると思います。

結論:民主党政権はあり得ません。良き日本のあらゆるものが破壊されてしまいます。あなたの身の回りの子や孫の世代、それ以降も含め、重大な影響・被害を及ぼす可能性があります。細川政権以降のグダグダっぷりという「(ちょっと前の事であり歴史と言えるかは…ですが)歴史に学んで欲しい」です。


以上、長文連投失礼しました。いい記事です、よくぞ気付かれました。目の付け所が元気さんですね。

by haji (2009-07-26 21:11) 

元気

hajiさん、こんばんは。
丁寧なコメントをありがとうございます。
けれど、ソネットブログは太っ腹だから(?)、字数制限に引っかからず、コメント1つで全部入りますよ。(笑)

まずは、先ほど、私が、ヤマトさんのブログ(記事中のURL)にコメントした内容を引用転記させていただきます。

----------------------
同一の部隊を米国の同盟国=日本等にも作るよう.合衆国大統領.国家安全保障局命令.第177=NSAM―177で命令が出されている。(枠内より転記)
----------------------

※この大統領命令に基づき日本では.米国.自衛隊の合同による.日本人市民殺害部隊「パイナップル・ブリゲイズ」が.既に創立されている。※

日本人市民殺害部隊「パイナップル・ブリゲイズ」のことですが、私は、実際は、それは機能していないと思います。
それほどの危機は日本で起きていないからです。
(クーデターと日本の風土は相容れません)
けれど、民主党政権下での『危機管理庁』 の創設は、実質的なFEMA機能を持つと考えています。
外国人が大量に移民の形で入って来ますし、抑圧された日本人が(本来は無縁なはずの)クーデターを起す危険が増すからです。
(善良な市民の私もテロリストとして排除されるでしょうね)
すでに、併せて民主党は、「人権侵害救済機関」の設置も予定しているからです。
それは、一つでは片輪走行だからです。両輪有って初めて機能する機関であると想像しています。
(ああ、本当に私の幻想であって欲しいと願っています)

民主党政権が実現すれば大変なことになります。
単なる民主党と自民党の政権争いでは有りません。
日本の存亡をかけた選挙となります。
民主党政権後の日本は…
日本という名の抜け殻。中国とアメリカの実質的属国となります。
それでは、あまりに申し訳ない。
命を賭して文化や伝統(国体)を守ろうとした先人に申し訳ないと考えています。

----------------------------- ここまで転記

さて、hajiさん。
おっしゃるとおりです。日本にはFEMAは実効なしだったと思います。
けれど、民主党政権後の日本は違います。
片輪でなく両輪となります。人権擁護法案でなく、それよりも危険といわれる「人権侵害救済機関」
が設置されます。
これらは、民主党政権には必要ですから、当然どれだけの経費が掛かろうと無駄とは判断されません。
無駄と判断されるのは、外国から日本を守るための国防費です。
自衛隊費は削減され、外国の軍隊なしには、自国も守れぬ国になるでしょう。
そうなれば、他国に政治を委ねるのと同じです。名実ともに中国の支配下に入ります。
日本に入って来た外国人(移民)による治安悪化、紛争さえも鎮めることが出来なくなるでしょう。
警察に手に負えない、自衛隊にも無理。ならば、他国の軍隊が出動します。国会で決定されるでしょう。
なにしろ、衆参両議員とも与党である民主党が握っています。国民には何も言えません。
そう、何かモノを言う国民、行動を起そうとする国民は、排除・粛清されます。
皇室典範もさらに改正されるでしょう。憲法も改正されるでしょう。
全て、外国(アメリカと中国)の摺り合わせの決定通りとなります。

以上です。

まだ、泣きませんよ。
だって、まだ終わってませんからね。
最後まで頑張ります!

と、本当に、杞憂であって欲しい… 本当に。

by 元気 (2009-07-26 22:23) 

haji

はい、承知しております。出来る事を出来る範囲でやるしかないですし。


「せーけんこーたい」とやらになったらやる気マンマンでしょうね。ただ、懸念なさるところは私も同じですが、現実として果たしてこれだけの(今まで小出しにしている案からみて)大風呂敷、やり切れますかね?ここまで手が回るかどうか。とは思っています。

ただし、売国裏(闇)法案関連についてはぶれずに真っ直ぐな(笑)民主党ですから油断は出来ませんが。これをどうこうする前に、既に国がどうにかなってしまっているのか、何かが起きているか、するのでは?

そこまでやれる能力を持つ者が果たしてあの党に居るのか?とも。これを消費者庁のごとくゼロから立ち上げる(法を作るとか、相当量の業務でしょう、バカには出来ないと思います)までに、前述の諸法案で手一杯、経済はあの体たらくですからその頃には既にズタボロ、となれば(いや、なって欲しくありませんが)その頃にはさすがに何かが起きるのでは?と。楽観に過ぎるとお叱りを受けそうですが。



by haji (2009-07-27 00:16) 

第一義

こわいこわい危機管理局ですか?


やっぱりこれ、日本人の発想でないですね。
by 第一義 (2009-07-28 14:59) 

元気

hajiさん、こんにちは。

>大風呂敷、やり切れますかね?ここまで手が回るかどうか。とは思っています。

うふ。(笑)
何のための大風呂敷ですか?
大衆を包み込むためですよ。手が回らないと考えるのは楽観的過ぎます。
大衆を満足させるための風呂敷など、畳んでしまえばお終いです。
(ごめんなさいと謝れば良い。責任取って鳩山党首が別の党首になるだけの話です。痛くも痒くもない)

まずは、政権取ったのですからヤルベキコトを行うでしょう。
政権さえ取れば日本人有権者のご機嫌取りなど必要ないです。
支援していただいた在日の方々、裏で手を引いた中国の方々(もちろん、アメリカも関わっているこtでしょう)に対しての政府再編が始まります。

hajiさんが考えることは、とっても善良な日本人的考えと思います。
一度は民主党。そう考える方と同じ。その延長線上です。

植民地政策でやられたこと、中国の統治の仕方。
それらを甘くみてはいけないと思います。
残念ながら、今回だけは、私は、楽観的になれません。
(データが揃いすぎています)
最大のチャンスを悠長に構えて、友愛掲げる鳩山オボッチャマに成り行きを任せることなど… 私にはアリエナイと思います。

もし、hajiさまのおっしゃるとおりなら…
一度民主党にして、駄目なら次は違う党に。なんてことが叶うなら…
いえ、反対に、そうで有って欲しいと、心から願っています!
by 元気 (2009-07-28 17:01) 

元気

第一義さま、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

>やっぱりこれ、日本人の発想でないですね。

はい。
私も、そう思えてなりません。
杞憂であって欲しい。心からそう思っています。
by 元気 (2009-07-28 17:04) 

第一義

こんばんわ。
 
>はい。
私も、そう思えてなりません。
杞憂であって欲しい。心からそう思っています。

いや、ちょっと危機的に思っておいたほうがよいと思います。

オ-ストコリア=オ-ジ-で10年くらい前に李鵬が言ってましたよ。日本は20年後に滅びるって。

スパイやり放題の日本、その危機は認識してたほうがいいと思います。
by 第一義 (2009-07-28 19:33) 

元気

第一義 さま。

>オ-ストコリア=オ-ジ-で10年くらい前に李鵬が言ってましたよ。日本は20年後に滅びるって。

ええ。存じています。
言いたい人には言わせておきましょう。
希望、です。言うのは自由です。
(口に戸は立てられません)

けれど、そうさせないのは我々の自由ではなく、責任です。
自国のことを他国に自由にさせてはなりません。
それが日本人の責任のはずです。
が、権利ばかりで責任を放棄している日本人が多いことが困ったことです。
なんとか、一人でも多くの方に目を覚ましてもらわねばなりません。
間に合いますかね。
間に合わせなければなりません。

杞憂にせねばなりません!

by 元気 (2009-07-28 21:12) 

haji

>もし、hajiさまのおっしゃるとおりなら…
一度民主党にして、駄目なら次は違う党に。なんてことが叶うなら…


私そんなこと言いましたっけ?
ここでも自ブログでも?

by haji (2009-07-29 20:00) 

元気

hajiさん、こんばんは。

大変失礼しました。
言葉の使い方、適切ではありませんでした。

※ >もし、hajiさまのおっしゃるとおりなら…

--------------------- ここから↓
実として果たしてこれだけの(今まで小出しにしている案からみて)大風呂敷、やり切れますかね?ここまで手が回るかどうか。とは思っています。

ただし、売国裏(闇)法案関連についてはぶれずに真っ直ぐな(笑)民主党ですから油断は出来ませんが。これをどうこうする前に、既に国がどうにかなってしまっているのか、何かが起きているか、するのでは?

「そこまでやれる能力を持つ者が果たしてあの党に居るのか?とも。これを消費者庁のごとくゼロから立ち上げる(法を作るとか、相当量の業務でしょう、バカには出来ないと思います)までに、前述の諸法案で手一杯、経済はあの体たらくですからその頃には既にズタボロ、となれば(いや、なって欲しくありませんが)その頃にはさすがに何かが起きるのでは?
---------------------------- ここまで↑

これがhajiさんのおっしゃったことです。

※ 一度民主党にして、駄目なら次は違う党に。なんてことが叶うなら…

私の文。
----------------------- ここから↓
hajiさんが考えることは、とっても善良な日本人的考えと思います。
一度は民主党。そう考える方と同じ。その延長線上です。
----------------------- ここまで↑
hajiさんがそう考えているというのでなく、
延長線上で繋がるように思える楽観論である。
そう言いたかったのです。
正直な話。楽観できない、楽観してはいけないと考えています。
8/30日まであと1ヶ月しかないからです。

どうか、心構えとしては楽観できない。
そう言いたかったとご理解下さい。
どうか、ご一緒に、心にZ旗を掲げて頑張りましょう!
by 元気 (2009-07-29 21:07) 

元気

(コメント訂正)
by 元気 (2009-07-28 17:01)

もし、hajiさまのおっしゃるとおりなら…
一度民主党にして、駄目なら次は違う党に。なんてことが叶うなら…
いえ、反対に、そうで有って欲しいと、心から願っています!
              ↓

もし、hajiさまのおっしゃるとおりなら…
それから、多くの人が考えておられるように、一度民主党にして、駄目なら次は違う党に。なんてことが叶うなら…
いえ、反対に、そんなことが叶って欲しいと、心から願っています!


by 元気 (2009-07-29 21:21) 

haji

こんばんは。
承知しました、こちらの言葉足らず&理解力不足だったようですね、ご丁寧にありがとうございました。感謝しています。


もちろん私も「一度民主党にやらせてみよう」など認めませんから。それどころかこれ、巧妙なプロパガンダだと思ってすらいます。

外国人参政権だの何だのと、日本人でなさそうな政治姿勢にうんざりしていますので。

by haji (2009-07-30 20:18) 

元気

haji さん、こんばんは。

いいえ、私の言葉足らずです。大変失礼致しました。
私は、haji さんの気質を承知しておりますので、hajiさんのことを軽くみるようなことは、断じてありません。
色々なことを流すのではなく率直に書いて下さること、とてもありがたいと思っています。
未熟者ゆえ、どうか今後ともよろしくお願いいたします。
8/30 を終わりの始まりにしないために、真摯に頑張りたいと考えています。

ところで、トラックバックを貼れないブログでご紹介したいブログがございます。
やはり、とても誠実で賢い方のブログです。
そちらで、さきほどコメントもさせていただきましたが、
大切なことも含んでいますので、こちらに一部を転記したいと思います。

http://plaza.rakuten.co.jp/shion9/diary/200907260001/#comment

仕事や介護だけでなく、何かに夢中になっている日本人多いです。
楽しいことに夢中になるように、政治や面倒なことには首を突っ込まぬことが生活の智慧であるような風潮が作られています。
けれど、趣味や楽しいことが有っても、政治は生活の基本がであると思います。

政治を別世界の汚いものとし、政党内のゴタゴタが原因とし、政権交代を促しています。
多くの日本人は、未だ眠ったまま。
お尻に火が点いていることにさえ気が付いていません。
本当に面倒なことになってからでは… 遅いこともあるのです。
もうあと1ヶ月しかありません。

本当にお尻に火が点いて来ている気がしています。
火が点いていること、冷静に指摘しなければ…
大ヤケドを負うことになります。
日本人は、民主主義と国民主権という美酒に酔っているのかも知れませんね。
酔っ払いの目を醒まさせるのは至難のワザです。
覚悟して、策を練らねばならないと思います。(2009/07/30 08:19:37 PM)


by 元気 (2009-07-30 20:32) 

haji

こんばんは。
そうです。引き続き一緒にやりましょう。

ご紹介いただいたブログにお邪魔してきました。
転記部分もまさに仰るとおり。日本人が今後も日本人でいられるか、それとも流浪の民のお金にしか興味関心をもてない且つ中国やアメリカのような人造(人工・実験)国家や植民地・自治区等になるか(まだどちらもそれなり、ですが歴史等あるだけマシです)。奴隷になるか。今まさに分水嶺だと思います。
by haji (2009-08-01 23:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。